かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE44「二人のラクス」
2005-08-23 Tue 17:00
どうも、メサイアで椅子に座っている議長の表情がどうしても、
「あ~この椅子、めっちゃ座り心地ええわぁ~。」にしか見えない音虎です。
皆がちんたらお喋りしてる間に、ジュール隊は宇宙で大忙しだった今回。
しかもイザーク&ディアッカの新機体が初お目見え。
イザークファンにはたまらなかったのではないでしょうか。
では、レビュー、行きましょう!


「私はラクス・クラインです。」といきなりTV画面に現れたラクス。
「オーブにラクスが現れた」という証明の為だけにいるかのようなカガリが悲しい…。(泣)

確かに「同じ顔、同じ声」かもしれない。

ラクス「ですが!私はあんなに破廉恥ではありません!」

市民A「確かに…あのコスチュームのまま演説されても説得力無いよな…。」
市民B「あぁ…。でもアレはアレでありえなくないか?何だアレ、はっぴ?」
ラクス「陣羽織です!(どーん)」
市民B「あーそうなんだ…って?!盗聴されてる?!」

ミーアのカッコもどうかとは思いますが、正直、陣羽織演説も微妙。
むしろ何故に陣羽織?
もしかして「皆さん、戦場には必ず着て行くのでしょう?」みたいな誤解が?
更に、何故その下は決まってミニスカ着物?
エターナルで、バルトフェルドが後ろを振り返ると見えちゃうんじゃないかとドキドキ。(殴→吐血)

ラクス「私はデュランダル議長を支持しておりません。」

そんなラクスの言葉に、ミーアは「えぇ?!」と驚きを隠せない。
二人の取る立場、考え方が異なるのなら、
ミーアはラクスの「代わり」ではなく、ただの「贋物」でしかない。
ラクスは疑問を投げかける。
議長の言葉は果たして真実なのだろうか?
議長の目指す世界は正しいものなのか?

ラクス「悪いのはナチュラルでもなくコーディネーターでもない、
    という言葉にどうか騙されないで下さい。」

皆「君は悪くない」他人にそう認めて貰いたいし、
その上で「悪いのはこれだ」と言われればそれを信じたくなる。
だがそれでは駄目。真実から目を逸らしていては。

議長を非難しまくりのラクスの言葉に、ジブリールは大喜び。

ジブリ「ぃやったぁぁぁぁぁ!実はファンだったんだよね!」

ってか?(笑)いやいや、コーディネーター嫌いはどうしたの。
ラクスは勿論、「ジブリールも支持していない」とキッパリ。

ジブリ「何っ?!」
ラクス「32歳にもなって紫の口紅は…はっきり言ってありえません。」

いや、年齢の問題もあるけど、それ以上のものがあるでしょ。
最後にラクスはこう締めくくる。

ラクス「私達はもっと知らなければなりません。
    女の真の魅力とは何なのかを。
    皆さんがラクスと信じるものは何ですか?
    無駄にデカい胸ですか?それとも破廉恥スカートですか?


あーダメだ。ラクスが出て来るとどーしても嘘台詞が多く…。しかもそれに自分でつっこんでるし。
そんな私の「代わり」に謝ってくれるミーア。>違うから

ミーア「ご、ごめんなさい。」
ギル「………。いや、とんだアクシデントだったよ。」

本当にそう思ってるのか?「………。」は「チッ、使えねー女だな。」じゃないのか?

議長は少し予定を変更しなければならないとし、

ギル「少しの間、姿を隠した方がいい。」
   「悪い様にはしない。だからほんの少しの間だよ。」

と提案し、ミーアをシャトルで送り出す。
あ~も~議長、ミーア消しちゃう気マンマンだよ。
「少し」って繰り返すトコがすっごく怪しいもん。

ギル「だがもう遅い。既にここまで来てしまったのだ。」

それは目的の為に犠牲を出す自分に言い聞かせているのか。
それとも44話にもなってやっと公に姿を現したラクスに対する言葉なのか。

ってか、ダブルラクスの衝撃とどっちが本物かで、殆どの人はラクスの演説聞いてないんじゃない?

あと、どうでもいいんだけど、
「やっぱり連合が悪い」と言うコニールの横の無駄に美形な男は誰?
本当にどうでもいいけど。


一方、ミネルバでもラクス演説は波紋を呼んでいた。
だがそんな混乱の中、その場を立ち去るレイ。

シン「レイ!待てよ!」
レイ「なんだ?」
シン「…どう思う?その…」
ルナ「どっちが本物ってこと?」
レイ「なんだお前まで。バカバカしい。」

真偽など俺はどうでもいい、ここで戸惑えば相手の思う坪だ、と。

レイ「議長は正しい。俺はそれでいい。」

いや、ちょっと待ってレイさん
真偽はどうでもいい、議長は正しい…。
ってメチャクチャやん!
議長は正しいとしたいなら、今回の場合、破廉恥な方が本物だと証明するべきだと思いますが。
まぁ明らかだけど。ニセモノだって。
誰があの、手話ニュースのVTRの画面右下で手話やってる人みたいなポジションで、
「あっ、あっ、あの…」って新人女子アナみたいにパクパクしてる人が本物のラクスだと?
とゆー風に議長の立場が危ないので急いで話題を変えるレイ。

レイ「そんなことより、俺達には考えておかなければならないことがある。
   フリーダムと…アスラン。」
ルナ「えっ?!アスラン?!」
   「じゃあメイリンも生きてるの?!」
ルナマリアは微かに希望があることに安堵するが、
シンにとっては複雑。
アスランとメイリンの行動を理解出来ないまま彼らを討ち、
そのことに苦悩し、苛立ち、やっと無理矢理自分を納得させることが出来たところに、
自分に討たれた人間が再び目の前に現れる。
再び訪れる心の痛みと苦悩と苛立ち。
逃げ切れたと思って立ち止まり、前に向き直るとそこにいる。
何故また現れる?
どうして逃げさせてくれない?
きっとそれは、逃げてはいけないから。
逃げて見えなくなっても、それが無くなったわけじゃないから。


一方月の連合軍基地では、レクイエムの発射準備が行われていた。
そして月基地からの進軍。
それを迎え撃つ我らがジュール隊。
オレンジショルダーのザクを従え、白いグフイグナイテッドで大暴れのイザーク。
でも、お前のパーソナルカラーは青じゃなかったか?
青だと量産機とかぶるけど、白だとクルーゼやレイとかぶるぞ。
まぁイザークのことだから、「俺が隊長だ!」とか浮かれてMSの色も隊長服色にしたんだろうけど。
(本当にそうかもしれないと思えるトコがコワい)
でも、宇宙で白は目立つからやめなさい
さてその対局がディアッカ。
黒ザクファントムで、地味~に頑張ってます。
宇宙で黒なもんだから存在感が無いです
でも、長距離射撃用MSで敵に突っ込んでいくのをやめてくれたのは嬉しかったです。(爆)
そのせいで更に目立たなくなったけど。(爆)
戦闘は書けないのでスルー。
敵と戦ってたらデッカイ筒に出会ったイザーク一行。
なんじゃこりゃ、と驚いてると、

ジブリ「さぁ奏でてやろう、デュランダル!おまえ達の為の鎮魂歌(レクイエム)を!」

とレクイエムをアプリリウスに向けて発射。
慌てて全軍を回避させるイザーク。
よ、よかった…!
死んでない、死んでないよ!イザーク死んでないし、ディアッカも多分死んでないよ!>多分て何
レクイエムの狙いは少しズレたものの、砂時計を破壊。
空が裂け、大気が吹き出し、物や人が巻き上げられ…。
もうこれ以上描写しなくていいですよね。(汗)
毎回プラントを守れないイザークは怒りに燃える。

イザーク「ディアッカ!コイツを落とす!
      何が何でもコイツを落とす!」

あーディアッカ生きてたよ。よかったよかった。
怒りに燃えるジュール隊は、レクイエム本体を叩きに行くと思いきや、ちんたら筒を攻撃。
おっかしーなー。
イザークならさ、
「こんな筒、いくら壊しても無駄だっ!大元を叩かんと話にならん!」
って言うと思ったのに。
案の定、レイの情報によると月の裏側からプラントまでの反射経路はまだまだあるそうで。
筒っていうのは超大型のゲシュマイディッヒパンツァー偏向装甲なんだそうで。
はい先生、質問でーす
どうしてぇ、そんなに早い段階でそんなに詳細な情報をレイ君が持ってるんですかぁ?
議長経由ですか?
んで議長はどこ経由ですか?
「どういうことだ?!一体何処からの攻撃だ!!」っていうのは議長の演技ですか?
あーそうですか。議長黒っ。いやまぁ、その位じゃないと潰し甲斐が無いけどね。byキラ
ってゆーかむしろその情報、早くイザークにあげてよ!
無駄働きだよ、イザーク。


ユニウスセブン以来の本国攻撃にクルーが動揺し、混乱する中、
レイはシンとルナマリアにこう告げる。

レイ「ジブリールを逃がした俺達の責任だ。」
ルナ「な、なんで私を見ながら言うのよ!私のせいだって言いたいならそう言えば…」
レイ「いや、俺達の責任だ。(薄笑)」
ルナ「なにその(薄笑)って!」

こんな会話はありませんよー。(薄笑)
シンはそれはフリーダムとアスランの妨害のせいだとする。
あーそう思っちゃったか。またシンはアスランの言葉をちゃんと考えないまま…

とゆーわけで急ぎミネルバは宇宙へ上がる。
だいぶお手軽に宇宙に行ってますね。
スゴいですねこの世界は。すっごい速いし。


一方アークエンジェル。
大量殺戮兵器の出現に、混乱というより呆れ気味。
「こんなのきっとみんなが嫌」なのに。
「誰もが幸福に暮らしたい、なりたい」のに。いや、それ故にか?
だが人々のその気持ちを利用しようとしているのが議長。
「生まれながらにその人の役割を遺伝子で決めてしまう世界」の創造計画、それが「DESTINY PLAN」。
自分が出来ること、出来ないこと、やるべきこと、してはならないこと。
その答えが全て初めから与えられているなら、確かに争いは無いだろう。
だがそれでは「生きる」というより「生かされている」のではないか?
それより何より、人は遺伝子では測りきれないもののはず。
「そんな世界にさせたくない」キラと「諦めの悪い」アスランは宇宙へ向かう。


さぁ次回。
宇宙ってことでドラグーン全開のレジェンド。
多数のグフイグナイテッドを撃ってたように見えたのは気のせい?
友軍じゃないの?
そして次回もイザークとディアッカが活躍か?今度こそグゥレイト!…なカンジ?
キラも宇宙に上がったらスパドラで大暴れなんだろうなー。

乞うご期待!




カガリ「おい…私の演説はどうなったんだよ?」
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:2 | トラックバック:2
<<PHASE45「変革の序曲」 | 緋色の翼 | 「vestige」で色々考察してみる>>
この記事のコメント
音虎さん、こんにちは。
わーい黒ラクス~♪ 回を増すごとに、ここのキラとラクスが黒くなっていくのが楽しみなんです(笑)。
>カガリ「おい…私の演説はどうなったんだよ?」
………カガリ(涙)。冗談抜きでこれは本当に思いましたよ~。だって、どっちのラクスが本物かというのが話題になってしまって、カガリの声明そっちのけでしたもんね。
次回からやっと宇宙ですね~。長かったですねえ。私は宇宙に忘れさられている虎さんの安否が気になります。
2005-08-24 Wed 14:42 | URL | さくら #-[ 内容変更]
コメント有り難うございます!
さくら様、こんにちは。
>キラとラクス
いえ、もうウチのコ達がなんでこんなに黒くなってしまったのか、
私にもよく分からなくて…。どうしてこんな…。(嘘泣)
昔はもっといいコだったハズなんですけど…。
>カガリ
本当に気の毒ですよね。
偽物とされたミーアを気の毒に思うアスランにも気の毒に思われてませんからね。
宇宙に上がってあと六話…。なんとかなりそう…?
虎さんは…カッコつけて戦ってなきゃ大丈夫ですよ。
2005-08-24 Wed 15:54 | URL | 音虎 破ん治 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


最近、ヴェスティージを購入した全国のS-Dファンの皆様、自分は名曲BOARDINGに投票しました→関連さっそく感想に行くって言わないほうがいいよアスランは絶対行くって言うんだから。 …
2005-08-24 Wed 13:19 CODY スピリッツ!
今回もまたツッコミどころ満載で、だんだん補完する気力もなく見るようになってきましたorz。議長に黒いことは黒いんだけど、なんか小物っぽくなってきたしなぁ。とグチっても仕方がない。短いですが、感想行きます。 …
2005-08-24 Wed 14:30 Sakura*Blog**
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。