かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE41「リフレイン」
2005-07-31 Sun 21:57
はぁい、もう堂々と「繰り返し」なんてタイトル付けるとこまで来ちゃった。
あはははは。ケンカ売ってるんですか?製作側は。
こんなんで話、ちゃんと終わるのかな…。

「終わるさ!ややこしい奴らが皆死ねば話は簡単に終わる!」

…まさかね…。
まぁとにかく、これからはカンペキシンは敵キャラなわけですよ。
もー萎え萎え。
フリーダム買わなきゃよかった。
もうレビュー書くのしんどいんで、今回、ゲストをお呼びしました。
アスラン・ザラさんに語ってもらいます
ではどーぞ。


俺はなんでこんな所にいるんだろう。
戦うことの虚しさを知ったはずだ。
だからオーブにいた。戦争を止めようとした。
なのに何故?
確かに焦っていたのかもしれない。
何も出来ないでいる自分が嫌だったのかもしれない。
だけど俺にも出来ることがあるはずだった。
全ては俺の甘えだったのか?
メイリンまで巻き込んで。
結局何も出来ないまま…。

俺が欲しかったのは明確な答えだったのかもしれない。

シン「なんであなたみたいな人がオーブなんかに…!」
イザーク「だからお前も何かしろ。それ程の力、ただ無駄にする気か!」
ミーア「今いらっしゃらないラクスさんの代わりに、議長や皆のお手伝いが出来たら、
     それだけで嬉しい。」
議長「君に出来ること。君が望むこと。それは君自身が一番よく知っているはずだ。」

だから議長の言葉を信じたんだ。すがるべきものとして。
…いや、すがったんじゃない。その言葉に真実を見たからこそ、俺はもう一度剣を手にしたんだ。
そして俺はミネルバと共に戦った。
戦争を止める為には戦う他に道は残されていなかった。
それが1日でも早く戦争を終わらせることになると信じて。

ハイネ「戦いたくないか、オーブとは?割り切れよ。今は戦争で、俺達は軍人なんだからさ。
     でないと…死ぬぞ?」

でもキラは、戦場を混乱させるばかりだった。

キラ「プラントは本当にそう思ってるの?あのデュランダルって人は…。」

俺にはキラが分からなくなった。
キラと俺の道はぶつかり合うはずはない、同じ方向に向かってるはずなんだ。
なのに何故戦う?

アスラン「お前の力は戦場をただ混乱させるだけだ!」
キラ「解るけど…!君の言うことも解るけど…!
    でもカガリは今泣いてるんだ!こんなことになるのが嫌で、今泣いているんだぞ!
    何故それが君は解らない?
    …なら僕が君を撃つ!」

キラ「だからもう、本当に嫌なんだ…こんなことは。撃ちたくない。撃たせないで…。」

議長「誰もが皆、幸福に生きられる世界になれば、もう二度と戦争など起きはしないだろう。」

議長の言葉はどこまでも心地良く、どこまでも正しく思えた。
でも、その裏にある真意を知った時、何もかもが信じられなくなった。
アスラン「確かに俺は彼の言う通りの戦うだけの人間になんかなれない。
      いくら彼の言うことが正しく聞こえても。」

脱走した訳じゃない。
ただ真実を知りたかっただけだ。信じられるものが欲しかっただけなんだ。

シン「アンタが悪いんだ!アンタが…アンタが裏切るから!」

アスラン「エターナル…またか!
      キラ、行け!」


はい、アスランさん有り難うございました。
…とまぁ、音声をほぼ写すとこんなカンジ。
全部書き出せば、何か見えてくるかな、と思ったんですが。
何も見えてきません。
あれ?わざわざ喋らせるんだから、何か新事実が見えてくる仕掛けなのかな、と思ったのに
あれ?おっかしーなー
って首を捻ってると、後半、なんとキラが語り出しました。
正直もう写すの疲れたんですけど。
あーもー。こんなことならしょーもないアスランの呟きなんか写すんじゃなかった。
普段あんまり喋らない分、キラの語りの方が価値あるじゃん!
まぁ取り敢えず分かったこと。

君(アスラン)と僕が出来るのは確かに、ただ戦うことだけかもしれない。
そして戦いからは何も生まれない。
でもカガリやラクスは話し合いで戦争を終わらせようとしている。
それを邪魔するなんて許せない。
だから僕は今も戦ってる。

だそうです。
つまり、話し合いは彼女達に任せて、僕らは彼女達を守るだけでいいんだ、とゆーことだそーです。
つまり騎士(ナイト)であれ、ってこと。
うーん。でもさ、ラクス、戦艦に乗ってますが。カガリ、MSに乗ってますが
戦う気マンマンなんですけど。

とは言え、何故かキラのアスランへの語りのラストにちょっと感動しちゃった私。
何故?何故にこんな安っぽい演出で感動しちゃうの私?!
くそっ、しかも「君は僕に似ている」が流れて来たよ、ヤバい、涙腺が…。

背景のザクザクコンテストで萎えました


次回は遂にストフリが地球に降下。
ドムトルーパーも登場か?
そしてラクスに叱られて∞ジャスティスに乗り込むアスラン。
ネオは何時までたっても記憶が戻らないから、艦から降ろされちゃいました。

乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
<<PHASE42「自由と正義と」① | 緋色の翼 | どうしよ~。買っちゃった。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


最近、カガリとシンの勝負が見られると思ったが、総集編で楽しみが種割れした全国のS-Dファンの皆様さっそく感想に行くしかないじゃないか! …
2005-08-01 Mon 13:14 CODY スピリッツ!
サブタイ「リフレイン」とあるように、まさに「おさらい」という内容。要するに総集編。それでもアスラン視点とあったので、それなりに期待してみたんですが……。 種デスファンの方はスルー推奨。 …
2005-08-03 Wed 21:53 Sakura*Blog**
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。