かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE38「新しき旗」
2005-07-11 Mon 15:12
駅から自宅へ向かっていると、脇で田んぼに向かって男子中学生三人が並んで用を足してて、
おいおい、連れションで立ちションかよ、なんて思いながら通り過ぎると、
前方から大学生くらいのお姉様が、自転車でこちらに向かって来てました。
自分のコトじゃないのにすっごい焦りました。
もう私、その人とすれ違った後、怖くて後ろを振り返れませんでした。


そんな音虎がお送りする種デスレビュー。>前置き長いよ
遂に第4クール突入です。
ストフリ、インジャス共にまだ出てませんが第4クールです。
話が宇宙に移る気配すらしませんが第4クールです。
とゆーわけでOP、ED共に変わりました。

・OP
えーっと…。
音楽、絵と合ってないよね?
歌詞、作品と合ってないよね?
カガリの後ろの謎の金色の物体、あれウソだよね?
それともアレですか?
カガリは明鏡止水の境地に達したんですか?
んでアスランとラブラブ天驚拳ですか?
それとも、信じられないことにアレは元からアノ色なんですか?
オーブの獅子はそんな趣味だったんですか?
私、それに度肝抜かれてその直後に出て来るドムに乗る人、見逃しました。(泣)
後は、
・ネオがちゃっかりオーブ服着て仲間風味全開
・ミーティア出まくり
が気になりましたね。

・ED
これはとってもいい曲ですね。
曲だけなら。
なんですかあのラストは
キラとアスラン、ラクスとカガリほっぽりだして、二人でいちゃいちゃしてるんですけど
いや、してるように見えるんですけど。
もしかしてアレが腐な絵に見えるのは私の心が汚いからですか?
心が綺麗な人にはアレが美しい友情に見えるんですか?

あぁ、突っ込みだしたらキリが無い。
とっととレビューいきまーす。


ヘブンズベースヘ向けて出撃したザフト・連合両軍の艦隊は、
ロゴスメンバーの引き渡し要求への回答を待っていた。

デュランダル「戦わずに済めばそれが一番よいのだが。」

先生!デュランダル君の言ってるコトとやってるコトが矛盾してます!
艦隊出撃させて戦う気マンマンじゃないですか!
でなけりゃただの脅迫ですよ!

デュランダルが回答を嬉しそうに待ってる一方で、ロゴスメンバーは、

「デュランダルは、さぞ気分がよいでしょうよ。」

とすっかりイジケモード
ただ、この男を除いては。

ジブリール「我々が攻めるのですよ!」

元気だ…。(苦笑)
ロゴスメンバーは、民衆は騙されている、と言う。
それはただの、デュランダルへの負け惜しみの言葉ではない。
そして、

「何とかしなければ、本当に取り返しのつかないことになる」

と言う。
キラやラクスと同じ言葉を。
そして、

「我らを討っても奴らが取って代わるだけ」

それは果たして真実なのだろうか?


出撃前のシンとルナマリア。
メイリンはロゴスに狂わされたとし、絶対ロゴスを許さない、とルナマリア。
更に彼女は、アスランには皆裏切られた、とも言う。

ルナマリア「アタシ…普通の人だと思ってたのに…あの人…『キラ』って…!
        アタシ、負けたのよ?!」

それから意味不明な展開。
ルナマリアに頭撫でられてシンが泣き出して、二人は抱き合った後にキス。

ルナマリア「守ってね…。あいつら、みんなやっつけて…。」
シン「大丈夫。インパルスは絶対俺が守るから。」

ルナマリア「フフフ。そう来なくちゃね。シンはアタシを守って、戦って戦って、そうやって死ぬの。」

ルナマリア、フレイ化!シン危うし!(大嘘)


遂にロゴス側は回答期限を待たずして一斉に攻撃開始。
ミサイルが面白い程船に直撃していき、唖然とするザフト側。
ってか後ろで聞こえてる実況がウザいんですけど
遅れながらも攻撃を開始するが、
海からはディープフォビドゥン他、多数のMS、MAが迫り、
雪山の麓には五機のデストロイが現れる。
そして宇宙からの降下部隊は、割れた雪山から現れたニーベルングによって全滅させられる。
オクレ兄さんは

「はぁっははぁ!」

と復活。
念願のデストロイに乗れて、喜びの余り少々イッてます


直ちに発進する赤服三人組。
シンがデスティニーで発進した時は、あぁ合体シーン見なくて済むんだ、って思ったら、

ルナマリア「ルナマリア・ホーク、コアスプレンダー、行くわよ!」

と発進し、合体。もういいって。(半泣)
そういえば、セイランバカ親子が何か言ってた気もするけど無視
シンは早々に「畜生ぉーッ!」と種割れ。

シン「こんな奴らがいるから世界は!」

と、あっという間に三機のデストロイを両断。
もう完全にシンの力の源は「怒り」ですね。
…いや、だから「マユ」じゃないって。
一方ルナマリアは射撃が珍しく敵にHit

レイ「やるな!ルナマリア!」
ルナマリア「忘れてた?私も赤服なのよ!」

忘れてました。すっかり。
ってか赤服の定義ごと。
ルナマリアは赤が好みだから赤服着てるんだなぁ、って思ってましたよ。
やっぱり思い込みはだめだよね。
いくら射撃とデブリ戦が苦手で、得意といったらラブコメしかなくても
挙げ句の果てに、アスラン争奪戦で男に負けても>しつこい
んで悔しいからって、たまたま手元にあったシンで間に合わせてても>酷
それでも赤服なんですよルナは!>関係ないじゃん
腐っても赤服なんですよ!>むしろ腐ってるのはキラとアスラン


とゆーわけでシンは、絶好調ルナマリアにソードシルエットに換装するように言う。

シン「エクスカリバーを!レイにも!」

って換装せんでいいやん!
フォースのまんまで使ったらいいやん!
ってかそもそもソードインパルスって必要ないやん!
そんな突っ込みをサラリと無視してルナとレイでデストロイ一機撃破。
残るはオクレ兄さん。
オクレ兄さん、最後に少しは活躍するかと思われたが、
やっぱりあっけなく、デスティニーのアロンダイトで真っ二つ。
改めて合掌。
取り敢えず、全クールに出られてよかったね。


さぁその頃アークエンジェルでは。
キサカがアスランとメイリンを連れてきてました。
隣で寝てるネオは「この艦、ケガ人がよく運ばれてくるなぁ」と思ったでしょう。
目覚めるアスラン。

キラ「…!アスラン、アスラン!」
アスラン「キラ…。うぐあぁぁぁ!

起き上がろうとしたアスランは体に激痛を感じ、倒れる。

アスラン「お前…。ってことは…!」
キラ「大丈夫だよ、アスラン。君もちゃんと生きて
アスラン「ここはあの世なのか!?俺、死んだのか?!まだインジャス乗ってないのに!
キラ「だから違うって。落ち着いて。僕らが死んだらハナシになんないでしょ?(ニッコリ)」

…おいおい、目覚めた最初がキラかい。

キラ「さっきまでカガリ、ずっと側にいたんだよ。」

タイミング悪っ。悪過ぎ。カガリも、叩いてでも起こさんかい>えー
メイリンを気遣うアスラン。

キラ「大丈夫。無事だよ。君がかばったんでしょ?彼女の方が元気だよ。」

あんな爆発でどーやってかばうのかなんて、聞いちゃいけません。
アスランですから。出来そうでしょ?
アスラン復活の報を受け、カガリが乱入。
アスラン、涙を浮かべながら何か喋る。

アスラン「…たかった、カガリ、キラも。だから、力…」
カガリ「分かんねぇよ!(殴る)」
アスラン「ぐはっ」

アスランは頑張って何かを伝えようとするが、はっきり話せるまでは回復していなかった。

キラ「…アスラン、もういい。少し眠って。(殴る)」
アスラン「ぐはっ…ガクッ」
カガリ「キラっ?お前…?!」
キラ「ウザいってか話が進まない。」

とゆーわけで、アスラン完全復活は次回に持ち越し。

キラ「僕達は何をやってるんだろう…。世界は…。」

次回はキラが大活躍かも。
ってかシンが出るかどうかも怪しいかも
取り敢えずアスランは完全復活!かも。
乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
<<PHASE39「天空のキラ」 | 緋色の翼 | えっ?マジですか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


感想の前に前回の記事中のダジャレ(オヤジギャグ)個数の答えの発表です。正解は、 11個  でした。残念ながら正解者がおりませんでした。 薫子さんの10個が惜しかったですね!希望者多数であれば、解説をいたします(笑)えー、 …
さて、今回はオープニング・エンディングで大忙しでしたが(苦笑)本編感想いってみたいと思います。・茶番劇我々を撃てば戦争は終わり平和な世界になる?はっ。そんな言葉に易々とだまされるほどに愚かです、確かに民衆は。民衆が愚かだというのは私も認めますが、愚かさの …
2005-07-12 Tue 13:54 暁の空
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。