かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE36「アスラン脱走」
2005-06-27 Mon 22:36
はい、意外に面白かった今回。
一時はどうなるかと思いましたが。
アスランが、
「キラを殺せなんて命令が出るザフトなんか、もーいやだ。抜けてやるもんね!」
じゃなくてよかったです。
本当にそんなのだったら、今回はレビュー、お休みしようかな、と思ってたんですが。

じゃ、レビューいきまーす。


議長自ら最強と謳うデスティニー。
シンが乗ることを想定して造ったこの機体、
「インパルスでは限界を感じただろうが、これならそんなことは無いとわたしが保証する」と議長。
…えーっと、限界なんか感じてましたっけ?
むしろ対フリーダム戦でやっと使いこなした、と思ってたんですが。

量子インターフェースの改良により、誰でも使えるドラグーンを搭載したレジェンド。

議長「どうかなアスラン。君なら使いこなせると私は思うのだが。」
アスラン「いや、しかし議長。コレ、どう見ても私が乗る機体には見えないんですが。」
議長「どうしてかね?」
アスラン「赤くないからです!だってほら、私、『紅の騎士』ですからぁ!残念!
シン「アンタまだそんなネタ!

えーと、そんな会話は…無かったみたいです。はい次。

さぁ、次はいよいよアスランが怒涛の質問を議長に浴びせ…るんだよね?
まさか、
「うっ」とか、
「それはっ」とか言うだけで、
一つもロクに言い返せないとか、そんなヘタレな内容じゃないよね?

争いを止めたい、武器など必要ないと言っているのに、何故こんなモノが?との問いに、
戦いを終わらせる為に戦う、というのは矛盾しているとは思うが、仕方がない。
彼らは話を聞こうとしないのだから、と議長。
話し合いなんかしてたっけ?初耳なんですけど。って返せよアスラン…
更に、何故アークエンジェルとフリーダム討てと命令したのか?については、
議長はアスランが苦手な質問返し
想いが同じなら、何故彼らはこちらへ来なかった?と。
いつでもそうすることは出来たはずだし、タリアも投降を呼び掛けたはずだ、と。
これ、キラ達は絶対に来ないと分かって言ってますね。
ラクスの偽物を使うこちらの味方になるはずがない、と。
議長の言うことに、「それはっ!」と反論しようとするが、後の言葉が出て来ないアスラン。
なんで言わないのそこ。別にいいじゃん。シンなんか気にしないで、思いっ切り、
胸だけ全然演じきれてないそこの偽ラクスのせいじゃーっ!」って。
言っちゃいなよ。
言わないとまたハゲちゃうよ?>酷

更に議長は続ける。
君の憤りも分かる、と。
「何故こうも世の中は思い通りにいかないのか」
…議長、コレはアンタの憤りだろがぁ!
と言いたいトコだけど、結構当たってるかも。
だってねぇ…。アスラン、苦労人だもんねぇ。
そりゃ、生え際の一つや二つピンチになる位の不満は抱えてるよ。

こっから議長の話は飛びます。
キラは不幸だ、と。
最強の戦士としての素質と能力を持って生まれたのに、
周りはおろか、自分さえもそのことに気付かずにきた。
それは不幸だ、と。
その力を十分に生かせたら幸福に生きられたのに、と。
本当の自分、そして自分に出来ることをちゃんと把握し、
十分に自分を生かすことが出来るのが幸福だ、と。
だから私は、皆が幸福に生きられる世界にしたい、と。

誰が何時アンタの演説を聞きたいと言った?
まぁ、原稿ナシでよくここまで言えたね、とだけは言っておきますけどね!
議長は「皆」と言うけれど、恐らくそれは議長の選んだ人達全体を指すに過ぎない。
議長の作る世界に必要とされない人達は?
役目を果たしてしまった人達は?

えーと、他にも色々議長が言ってたよーな気がしますが、
全部拾い切れませんでした。限界です。喋り過ぎなんだよ議長。(怒)


続々とジブラルタルに入港する地球軍艦、オーブ軍艦。
その中にはキサカの姿が。
なんで出て来ないのかなと思ったら、地球連合にいたんですね。
何故だか分かんないけど。
その様子を見て、

アーサー「裏切られたらジブラルタルは終わりですね!ハハハハハ…」
タリア「もうっ!下らないこと言わないの!」

どんな状況でも癒やしを忘れないアーサー。
いや、本人には勿論、そんな気は無いでしょうけど。


その頃、ギルとレイは再会。
今度は飛びつきませんでした。(笑)
ロドニアのラボでは大変だったね、みたいに「まだ」黒くない話をする二人。
そしてなんと、その会話を盗み聞きするミーア。
なんか死亡フラグがビンビンなんですけど!
ミーア死ぬの?!死んじゃうの?!どうな…

CM>えー


悩むアスラン。
いわゆる「頭ハツカネズミ状態」です。
そこへミーア登場。そして、

ミーア「やっぱりここにいた!早く行かないと疑われちゃう!」

は?何が?と言うアスランに、ミーアは耳にした事を伝える。
ルナマリア製作・アスラン・ザラ観察日記>違や、盗撮写真を見て、

デュランダル「そうか…。やはり駄目かな、アスランは。」

余計なことを考え過ぎる、キラと出会ったことが不幸だ、ついでにハゲてる、と言いたい放題の二人。

ミーア「ね?だからマズいの。ヤバいの。」

そこでよーやくアスランの頭の中のハツカネズミは回し車を回すのを止める。
議長は、戦士としての俺しか必要としていない。
ハナから俺の事を自分の野望の為の手駒としか思っていなかったんだ、と。

やっと気付いたその時、「アスラン・ザラ、少し来てもらおうか」とドア越しの声。

アスラン「流石、議長は頭がいいな。
      なんで俺がハゲてるって分かったんだろうな。」

いや、皆知ってるから、とミーアが突っ込もうとしたその時、
パリーン
とアスランは窓を突き破って脱出。
続いて銃を持った兵士が突撃。
大乱闘開始。
が、すぐに決着はつき、窓からアスランは手を伸ばす。
ミーアはその手を取り、二人は走り出す。
だが、このまま愛の逃避行かと思いきや、
途中でミーアは足を止め、戻ろうとする。

アスラン「だが君だって、何時までもそんなことをしていられるわけないだろう!
      そうなればいずれ君だって殺される!だから一緒に!」

アスランは手を差し出すが、

ミーア「あたしは、あたしはラクスよ!」
アスラン「ミーア!」
ミーア「違う!あたしはラクスよ!ラクスなの!ラクスがいい!」

役割だっていい。その役割を精一杯やれば、その時だけでも自分はそれになれる。
偽りの己を捨てた者と、偽りの己を捨てられない者。
二人の歩んで来た道はこうして二手に分かれた。
アスランは駆け出し、ミーアは座り込む。
この二人の描写、
ミーアの偽りの己はラクス。それは既に完成されたキャラクター。
それを演じ続けるということは、ずっと何の変化(駆け出す)もしない(座り込む)ということ。
そんなことを表してるのかな、とふと思いました。
…ただの深読みかも。(汗)


「出来れば拘束したいが射殺もやむを得ん!」
と、本格的に捜査開始。
前もこんなことあったよーな。
あーやっぱりアスラン大変だね。
なんて同情してたら、アスラン、メイリンの部屋に乱入
おぃぃぃぃぃ!何やってんのアスラン!
マズいでしょそれは!
って突っ込んでたら早くも追っ手が到着。
アスランがまた
パリーン
と窓から出て行こうとしたら、メイリンが「こっち!」と風呂へ。
更に服を脱ぎだすメイリン。
え?もしかして、「アスランがコレ着て変装作戦」ですか?
バレバレだよアスラン!
ってか入んないよ!
なんて突っ込みは無駄に終わり、
「シャワー浴びてたらいきなりドアを叩くからビックリして出て来ちゃった作戦」でした。
よくとっさに思いつくなぁこんな作戦。
どーでもいいけど、風呂場で銃構えてるアスランがなんだか笑えます。
一応助かったアスラン。
でもメイリンは、自分でも何故助けたか分からない様子。
「でも助かった。すまない。」とアスランが出て行こうとすると、
メイリンはガッシとアスランの足を掴む。
いや、その掴み方、危ないよメイリン。
話がギャグ路線なら絶対コケるトコだけど、
あいにく今回はシリアスなので、アスランはコケませんでした

とゆーわけで、
「殺されるくらいなら行った方がいいです!」
と、メイリンも一緒に逃走。
ってか、メイリンが車で暴走

アスラン「ちょ、ちょっと待った。まだシートベルトしてないって。」
メイリン「そんなことしてるヒマがあったら、どこかに掴まってて下さい!」
アスラン「えぇ?!一体ドコに?!」
メイリン「オラオラァッ!どけやそこォ!
アスラン「ひいっ!何?この人、ハンドル握ると性格変わっちゃうタイプ?!

が、もう少しでグフに乗り込むというところでレイ登場。

レイ「やっぱり逃げるんですか!許しませんよ、ギルを裏切るなんて!
アスラン「いや、そこ何か違うから!ってか、こっちにメイリンがいるんですけど!」
レイ「うっさいわぁっ!蜂の巣にしてくれる!
アスラン「え?今度は何?議長のことになると性格変わるの?!

だがしかし、そこはアスラン。射撃なら負けん!とレイを撃退。
アークエンジェルもキラも無事なハズ、と勝手に判断して合流を目指す。

だがしかし、議長&レイはしつこかった。
なんとデスティニーとレジェンドで追い回すというイジメに出る。

レイ「油断するなよ。追うのはアスランだ。」

てっきり
「ふん!むしろデスティニーの能力を試すには好都合だね!」
なんて言うのかと思ったら、

シン「えぇっ?なんで…?!」

ホントに本心が分かりにくいキャラです。

さぁ、次回。
デスティニーとレジェンドでグフを袋叩きにするのか、
それともグフごときに新型二機が大苦戦なのか。
ってか今回キラ回想でしか出てないよ!
乞うご期待!
いやー今回長かった…。
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:4
<<PHASE37「あ~もう、タイトル何 | 緋色の翼 | 2005年5月のアクセス解析結果>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


アスラン好きには一体どうなることやら…と怖かった回なのですが、フタを開けてみたらけっこう大丈夫でした。というわけで、以下は感想。 …
2005-06-28 Tue 10:32 Sakura*Blog**
第36話「アスラン脱走」-実は二回目-その①Aパート●デスティニーとレジェンドの紹介デスティニーはシンに合わせて作られたもよう。シンの(戦士としての)成長具合やエースパイロットとしての期待をこめて創られたようですが、それ以外にも「シン・アスカ」という人物の …
第36話「アスラン脱走」-実は二回目- その②●キサカ登場でも何で連合に?砂漠に帰ってたの?カガリほっぽって?あんたがいない間にカガリが何回泣いたと思ってんの!!「泣くのもダメです!」言ってやってください。あ、ついでに、「泣くならアスランのところで」 って …
辛くなるかと思われた『アスラン脱走』ですが、見ていて結構楽しめました。というのも、かなりの部分、ミーアのおかげだと思われます。ミーア、すごく良かったです。では36話、感想です。・議長の目指す世界人は自分を知り、精一杯できることをして役立ち、満ち足りて生きる …
2005-06-29 Wed 02:19 暁の空
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。