かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE33「示される世界」
2005-06-07 Tue 16:42
どうも、この頃は毎週模試がある音虎です。
塾と学校は共謀して私を殺そうとしているに違いありません。
でも、模試ってお金かかってるんですよね…。
…なら受けるしかないじゃないか!(泣)

じゃ、下らないコト言ってないで、とっととレビューいきまーす。


降りしきる雪。
湖岸にたたずむインパルス。
亡骸を抱きかかえるシン。

シン「もう何も君を怖がらせたりしないから。誰もいじめに来たりしないから。」

だから。

おやすみ。

シンはそう言って、ステラを湖面に浮かべる。

ステラにようやく訪れた永遠の安らぎ。
だが、それは二人の永遠の別れも意味する。

シン「守るって…俺、守るって言ったのに…ゴメン…ステラ…。」

ステラを守れなかった自分を呪い、ステラを討った者を呪う。
だが、寒く暗い湖底に沈みゆくステラは、その謝罪の言葉にはもう応えられない。

積もる雪は体を冷やしても、瞳の中の怒りの炎は消せない。

はい、TVの前の聡明な皆さんはここまで見ても何の疑問もありませんよね?
え?「何で人の体が水に沈むんだ」って?
それは、ステラはそれだけ、死んでもなお許されることのない重い罪を背負ってるから
ってコトなんじゃないかな。(うまいこと言った)


ベルリンで民衆の救助にあたるプラント軍。
その様子を艦内から見守るタリア、アーサーと、艦外で見守るアスラン。
どーでもいーけど寒くないんですかアスラン
と思ってたらやっぱりそうだったみたいで、
早々に引き上げて、何を思ったか今度はシンとレイの部屋に入るアスラン。
一体何しに行くんですかアスラン。
まさか復讐に燃えているシンで温まろう、なぁんて冗談みたいな理由じゃないですよねアスラン。

PCをいじっているシンを見て、アスランが「何をやってるんだ?」と覗き込むと、
画面には今までのフリーダムの戦闘記録が。

シン「俺の知ってる限り、今モビルスーツで一番強いのはコイツです。」

だからコレを相手としてシミュレートしている、とシン。
いけないんですか?
何時敵として戦うか分からないんだから。
まるっきりワケの分かんないヤツなんだから。
そう言われてアスランは言い返す。

アスラン「キラは敵じゃない!」

…アスラン。まるで根拠がありませんよ。
そんなアスランに今度はレイが言い返す。

レイ「ハイネはアレのせいでやられました。あなただってアレにやられたんでしょう?」

かつては共に戦ったとはいえ、今のアスランはザフト軍兵士。
キラが同じザフト軍兵士でない限り、上が敵と見なせばそれは敵以外の何者でもない。

そしてトドメは、「アスランからも何かアドバイスを」と言うレイに、

シン「負けの経験なんて参考にならない。」

と一蹴。
流石にカチンときたアスランは「何だと!?」とくってかかるが今度は、

レイ「すみませんアスラン。シンには私から言っておきますので。」

と強制終了。
この棒読み感がすごく効果的でした。

「フリーダムは必ず俺が倒す」
その言葉が早くも実現しそうな次回。
シンがフリーダムを倒して得るものとは。

その様子から、シンを応援している様に見えるレイ。
それは何か考えがあってのことなのだろうか?

後輩二人にイジメられたアスラン。
ますます脱毛速度が加速しそうなので(笑)、取り敢えず気分転換にMSデッキへ。
ぼんやり「あーヴィーノとか全然セイバー修理する気ないなー」とか、
「議長ってムダに毛量多いなーいいなー」なんて考えてたら、

ルナマリア「どうしたんですか、こんな所で。」

唯一アスランの味方(っぽい)ルナマリア登場。

アスラン「いや、何時になったらセイバーは直してもらえるのかなってね。」
ルナマリア「アタシもですよ~。ほんっと、何時になったら直してくれるんだか。
        まぁ、次はインパルスに乗らされるみたいですけど。」
アスラン「あぁ、そうらしいな。(俺もそろそろ乗り換えだったよな…。
      なんだっけ…ナイト…ジャスティスだったかな、確か…。)」

「一部の媒体」(笑)で異なる名称が発表されたため、まだ混乱しているアスラン。
誰か早く最新の状態にアップデートしてあげて下さい。

「シンはスーパーエースだからって何でも許されてる」とルナマリア。
そして「私はもっとアスランに頑張って欲しい」と。
しかもドサクサに紛れて「好き」って告白してます。(わーわー)
でも、これって「らぶ」の意味なんでしょうか?
それとも「らいく」の意味なんでしょうか?
うーん。ちょっと分からないです。

でも、告られてる当の本人は「権限も力もあるのに」と言われて考え中。
ニブいなーアスラン。(他人のコト言えるんかい)
イザークが羨ましがるだろうに。
まさか「そうか、俺ってFAITHだったんだ!」じゃないですよねアスラン。


一方、ネオを保護したアークエンジェル。
なんと彼のフィジカルデータが「この船にあったもの」と一致。

改めて今一度問いましょう。
あの状態からどうして生還出来たのですか?
エマージェンシーシャッターに続いて、
陽電子リフレクターまでもがストライクのコクピットに備えられていたのですか?
それともやはり「不可能を可能にする」男だからですか?

マードックが、要するに少佐なんだろ、と言うと、

ネオ「やれやれ。捕虜だからって勝手に降格させるなよ。」

とロアノーク大佐起床。
余りにも口調がムウそのものなので驚くマリュー。

ネオ「なんだよ?一目惚れでもした?美人さん。」

耐えきれずに、その場から逃げる様に立ち去るマリュー。

生きていてくれたことは嬉しい。
でも記憶が無いのなら。
自分のコトを忘れてしまっているのなら。
ならば「あの」ムウは死んでしまったも同然ではないか!

一応ムウの様だが、記憶が違っている、と結論を出すマードックとキラ。

ってゆーか、前回で余りにも謎過ぎて放置してたんです。

キラ「あのウィンダム、なんでっ…?!」

えぇっ?一体何を、何を感じたっていうんだ、キラ!な感じだったんですが。
今回見てて、
対デストロイ戦であの場にいた皆のチャンネルが、開きっぱなしだったのかなーって。
で、キラはネオの声を聞いて、「ムウさん?!」みたいな。
まさか「あのウィンダム、なんでっ…なんで紫色なんだ!まさかムウさん?!
でもないだろうし。
だからキラはエスパーなんかじゃないんですよ。多分。(汗)


デュランダル、全世界放送で生出演。
ついでにミーアも生出演。
エターナルにまた殺気がたちこめてます。(汗)
それを見て、止めろとわめくジブリール。アホに見えます

対デストロイ戦の映像が流されるが、そこには映っているはずのフリーダムの姿は無い。
いやぁ、戦時下における情報操作ってホント怖いですね。
フリーダムが倒してくれた、となれば、再びそれが英雄視されることになって、
議長にとってそれは計画の妨げになる。

キラ「ってゆーか僕の活躍を無かったことにするなんて…。あんなに頑張ったのに…」

そして遂に議長は、戦乱を意図的に起こしている者達の存在を明かす。
敵を作り上げ、武器を与え、己の利益の為に戦乱を起こす。

死の商人ロゴス

実際、忌み嫌い、化け物とまで称するコーディネーターさえ、彼ら自身が作ったという。

議長の名を叫び、立ち上がる民衆。
穏やかな表情の他のミネルバクルーとは異なり、驚きの色を隠せないアスラン。
苦虫を噛み潰した様な表情のアークエンジェルクルーと、
「必ずや葬って差し上げますわ…」と不敵な笑みを浮かべるラクス。


今回ちょこっと出て来たイザーク達が霞んでしまうような次回。
頭の中はステラでいっぱいのネオは一体どうなるのか。
アスランはやっぱり「キラぁ~!!」と叫ぶのか。
乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
<<PHASE34「悪夢」 | 緋色の翼 | PHASE32「ステラ」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


今回は、泣いたり喜んだり大変でした……。OPの後の提供スポンサー表示画面の音楽が変わっていたことに驚きました。今回はBGMが多少変更ありましたね。やっぱり先週と今週がターニングポイントってことなのでしょうか。そして、ブルーコスモスのおじ様が「デュランダル …
ついに無印SEEDのガンプラのCMが始まりました。よっぽど売れていないんでしょうね、DESTINYのガンプラ(苦笑)。しばらく前から、あのふざけたCMがなくなったのも、そのあたりの関係かなぁと思ってはいたのですが……。さて、大人の事情を考えてしまいましたが(私ももういい …
2005-06-12 Sun 00:17 暁の空
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。