かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE32「ステラ」
2005-05-30 Mon 22:06
どうも、知らない人が自分のことを噂してると知って、少し怯えている音虎 破ん治です。

すみません、少し記事を書くのが遅れました。
勿論、毎週ここの記事を楽しみにしてる奴なんかいない、なんてツッコミはナシの方向で。

ファントムペインがほぼ全滅した今回。
スティングなんか、ムラサメ×3にやられました。
「MSの性能の差で強さが決まるワケじゃねぇ!」という言葉通りに。(笑)
しかも死ぬ直前の描写は一切ナシ。
アウルよりもヒドい扱いでした。
…まぁ今回は駆け足だったからね、全体的に。うん、しょうがないね。>えー

じゃ、レビュー行きま~す。


ベルリンで大暴れのデストロイ。
それを見て、ふふふふふ、ははははは!と大笑いのジブリール。
遂にイカレました>違
流石のロゴスのおじいちゃん達もドン引き

おじいちゃん「あの~いったいどこまでやられるんですか?(汗)」
ジブリール「そこにザフトがいる限りですよ。」

珍しく作戦がうまくいってるので調子に乗るジブリール。
が、笑い過ぎてジブリールがアゴを外す前に、遠方からのプラズマビームがデストロイを襲う。

ジブリール&ステラ「何!?」

颯爽と天から飛来するフリーダム。
シン、またオイシイ所持ってかれてるよ。(泣)

キラ「なんて大きさだ!こんなっ…
    こんなのを倒せるのは、宇宙で僕ぐらいしかっ…!ですよねマリューさん?!」
マリュー「あーハイハイ。そうね。キラ君だけよ。だからお願いするわ。(溜め息)」

とゆーワケで、久し振りの強敵の出現に、ヤル気マンマンなキラ。
デストロイが放った無数のビームをビームサーベルで跳ね返す。
シールド、せっかくあるのに使わないんだね…。まぁそっちの方がカッコイイけど。

ソイツはフリーダムだ、気をつけろ、と忠告するネオに、

ステラ「なんだろうと、私はぁー!」

と、MA形態からMS形態へと変形。
…って、する必要あるのか。あんまり変わってないんですけど。

カオスと紫ウィンダムが襲いかかり、なかなかデストロイに近づけないフリーダム。
そこへ、カガリと共に出撃したオーブ兵達が、
「キラ様!ここは我らが!」
と、カオスを引き受ける。アッサリやられるかと思いきや、意外に大活躍。
っていうか、完璧に「キラ様」呼ばわり。まぁ、当たり前と言えばそうなんだけど。
一方、逃げ遅れた一般市民の盾となるカガリ。
今回はとてもいい仕事してます。彼女。
一瞬「私も出る」って言った時は、ただ的になるだけじゃないかと心配したけど。


プラント評議会は緊急に会議を行い、ベルリンへ向かっているミネルバに応戦させることにする。

で向かってみると、既に先客が。

タリア「さすが正義の味方の大天使ね。」

思わず敗け惜しみ言ってます。ミネルバも「足」自慢なのにねぇ。(黒笑)

ということで、遅ればせながら、司令部に期待されているシンが出撃。
やむを得ずフリーダムと共闘することに。
フリーダムが紫ウィンダムと闘ってる間に、
デストロイにあっという間に接近し、ビームサーベルでコクピットを一払い。

シン「なんでそんなに殺したいんだ!」

このままトドメを刺すかと思われたが、

ネオ「アレに乗っているのはステラだぞ!」

とネオが必死に止めにかかる。
驚いてコクピットの裂け目をズームアップすると、
そこには確かにパイロットスーツに身を包んだステラの姿が。
都合よくコクピットが壊れるケース第二弾。(笑)

驚きと憤り、そして悲しみの余り呆然とするシン。

何故?!どうして彼女が再び戦場に?!あの…あの約束は?!

「何をやっている?!的になりたいのか!?」というフリーダムからの声で我に返るシン。
だが相手がステラだと分かった以上、手は出せない。
というより、既に「君を守る」スイッチが入りかけてます。

ネオも、デストロイに迫るフリーダムを必死に止めようとする。
キラはアークエンジェルにパイロットの保護を頼み、MSを破壊。
いや、あの高さから落ちたらまず命はないでしょ、なんてツッコミ入れてたら、
なんと生きてる模様。…流石…ローエングリンに耐えただけあるというか…。(苦笑)

一方、スティングは撤退しようとしたところを、「逃がさん!」とビームサーベルで真っ二つ。
本当にあっけない最期でした。取り敢えず合掌。


相変わらずデストロイを目の前にして動けないシン。
それを見てタリアは、「シン、どうしたの?!何やってるの?!」と苛立ち、
フリーダムはレールガンでコクピットの裂け目を狙う。
それを見たシンは、「何も知らないクセに!」と、今度はフリーダムに刃を向け、
そして、ネオ(とスティング)を守れなかった悔やみ、悲しみ、
自分自身の死への恐怖で暴走するステラに、
「君は死なない!君はっ…君は俺が守るからっ!」と叫ぶ。
ステラもシンの必死の呼び掛けに反応し、再び記憶を取り戻す。

…えー…っと?これは何と言えばよろしいんでしょうか。
飛んでます。飛んでますねぇ。全裸で。
死んでもないのにフレイ姉さんみたいに
…ま、まぁ、二人は通じ合った、ってこと…なんですよね?>聞くな

だが、それも束の間の時間。
ステラの視界に現れるフリーダム。それは、

ネオを殺したコワイモノ。

自ら発したブロックワードにより、「記憶」と「恐怖」が蘇ったステラ。
今となっては、彼女の目にはフリーダムは恐怖の対象にしか映らない。

怯え、再び暴走を始めるステラ。

シン「やめるんだ、ステラ!」
キラ「もうやめろ!」

同じ様に叫ぶ二人。
だが、そのそれぞれの意味は異なる。
シンはステラに対して。
キラは再び破壊を始めようとする兵器に対して。

デストロイの胸部の、臨界に達したプラズマビーム砲口に突き立てられるビームサーベル。
シンの叫びの中、デストロイは爆発し、崩れていく。

シンはまた大事な人を亡くしてしまった。
あんなことには二度とならないようにと、力を手に入れた今なのに。

ステラ「…シン…会いに来た…?…ステラ…守る…って…。
    シン…好き…」

次回、シンは丑三つ時にフリーダムの1/144モデルを木に釘で打ちつけ、復讐を誓うのか?!
(色んな意味で怖っ)
乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:4
<<PHASE33「示される世界」 | 緋色の翼 | 2005年4月のアクセス解析結果>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


最近、聞いたこともない軍規違反をやらかしたりビグザムの登場に驚いている全国のSEEDファンの皆様!早速感想に入ります! …
2005-05-31 Tue 02:29 CODY スピリッツ!
いろいろあったので、未だに頭が混乱しています。もちろん、ステラの死に対してもですが、それより何より、スティングのこの扱い…。スティングは……死んだのですか?(号泣)だって、彼は「離脱する!ボナパルト!」って言っていて、死ぬはずではなかったんですよ。なのに …
感想、大変遅くなってしまいもうしわけありません。前半は比較的すぐに書けたのですが、シンとステラに関して書こうとすると、色々考えてしまい、まったくまとまりませんでした。ステラを失って泣くシンが本当に痛くて。その場面での鈴村さんの演技を聞くたびに、泣いてしま …
2005-06-04 Sat 23:58 暁の空
ステラ死亡  一応死体は持って変える必要があるわけで,ここでも彼は軍機違反? ルナが後でお咎めなしとか言ってるのはこのことかと.   まあ水葬の演出自体はいいんでないかい?ステラとの出会いと対比・・・,させてるわけないっか.シン敵を認識ようやく,キラを敵 …
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。