かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE01「怒れる瞳」
2004-11-05 Fri 23:10
この日、関東では台風情報が画面を小さくしていたそうだ。
まっ、関西は関係ないけどなっ(高笑い)。

レイダーとが上空を飛び、カラミティが降り立ち、フリーダムが打ちまくる。
そんな中逃げ惑うアスカ一家。
「やぁん、マユのケータイぃ~!」
「そんなのいいから!」
「いやぁぁ!」
   一体何やってるんだか・・・。この際ケータイなんかどーでも、って携帯?
   ・・・確かNジャマーのせいで電波状況って凄く悪くなかったっけ?
   ・・・!もしや・・・ドラグーンシステム使ってるのか?量子通信携帯なのか?
新技術を見逃すわけにはいかない、ってことで>違シンが坂を華麗に滑り降り、
携帯を拾い上げたその時。
フリーダムがフルバーストし、家族のいた所が爆発、シンは爆風で飛ばされる。
「父さん・・・母さん・・・マユは?」
助け起こされたシンはフラフラと立ち上がり、家族を探す。
妹の腕を見つけ、当然それと共にあるであろう身体を思い、歩み寄るシン。
無い。あるのは唯腕のみ。見遣ると、そこには変わり果てた家族の姿。
上空でなおも戦い続けるMSを見上げ、家族を想い、シンは絶叫する。

アーモリーワンでは新造艦ミネルバの進水式が行われようとしていた。
慌しく移動するMS。到着したヘリの中から現れるデュランダル。
   議長!タラップから無駄に飛び降りたのは何故なんですか?
超嬉しそうに敬礼と共に迎えるレイ。
   >普段からクール
   何処が?
そのデュランダルと会談しに向かう途中、イチャイチャするカガリとアスラン(withグラサン)。
「服はそれでいいのか?ドレスも一応は持って来てるよな?」
「なんだっていいよ。・・・いいだろ、このままで。」
「必要なんだよ、演出みたいなことも。解ってるだろ?バカみたいに気取ることもないが、
 軽く見られてもだめなんだ。」
   なんだかんだ言ってドレスを着せようとするアスラン。
   あわよくば着替えを手伝いたいアスラン。
   で、案の定着てくれそうもないので派手なドレスを着てるステラに目移りするアスラン。
「やや、これは姫・・・」
とカガリを出迎えるデュランダル。
   議長!絶対その内その姫っていうの、やめろよな!って言われますよ。

街でうろつく連合の三人。
ショーウインドウに映る自分の姿を見て、踊りだすステラ。
   >普段は普通の少女だが
   何処が?
「ナニやってんだ、アレ。」
「浮かれてるバカの演出・・・じゃねぇの。お前もバカをやれよ、バカをさ。」
   ・・・おい?潜入工作の基本として目立つのは厳禁でしょうが。
   どう見ても目立ちまくり。
そしてシンとぶつかるステラ。見事にステラの胸を揉み、ヨウランから
「ラッキースケベ」の称号を頂くシン。
   ん・・・まぁこの位ならまだP.M06:00に放送してもいいかな。

CM明けのアイキャッチはキラとラクスat moon night。
   一瞬キラの髪の色が黒に見えたんでシンと見紛いました。
   ってかココにさえ出してもらえない主人公って・・・。
アーモリーワンの軍備を見て回りながら、言い争うカガリとデュランダル。
「姫も先の大戦で自らも戦闘をなさったのでしょう?ならば力無くては平和を得ることは
 出来ない、ということは姫が一番よくお分かりなのではないですか?」
「・・・その姫というのを止めて頂けないか?」
「これは失礼しました、アスハ代表。」
   やっぱ言われちゃったじゃん!しかも全然悪びれてないし。
オーブ崩壊時に受け入れた人々の技術をプラントは利用しているが、
技術をプラントに流しているのではないか、とオーブが連合から圧力を受けているらしい。

その頃。連合の三人は仲間の手引きにより、軍の倉庫に潜入。
マト○ックスみたいに側宙(側転宙返り)しながら撃つアウル。
ナイフを手に飛び上がり、コーディネーターを刺しまくるステラ。
後ろを見ずに後方の敵を撃つアウル。
手榴弾を投げるスティング。
   アウルがめっちゃカッコいい!ってか手榴弾好きだね、SEEDキャラって。
スティング、ステラ、アウルがそれぞれ、カオス、ガイア、アビスを起動。
まだ息があった兵が警報装置を作動させる。
三機が倉庫を破壊、姿を現す。
わざわざ「カオス!ガイア!アビス!」と叫ぶ人。
   紹介有り難う。
ここぞとばかりにゾイドバクゥ形態に変形するガイア。
爆風から身を守る為に伏せていたカガリとアスランが起き上がり、カガリがアビスを見て、
「ガンダム?」
   えぇ?その変なカタチの機体でガンダムだと判るんですか?
レイとルナマリアが愛機へと走るが、それが爆発により瓦礫の下敷きに。
咄嗟にレイとルナマリアは地面に這いつくばり、爆風を回避。
デュランダルがミネルバに協力を要請。
要請を受けたタリア艦長が、
「アーサー!彼は?!」
   はっ!街でのんびりショッピングをして、出会い頭にぶつかった女の子に
   セクハラしてます!
一方、カガリを連れ回して逃げている時に、爆発で倉庫から出てきたザクを見てアスランが、
「来い!」
「え?!」
「乗るんだ!」
「お前・・・!」
カガリを抱きかかえ、コクピットへ。
OSを立ち上げながら、
「こんな所で・・・君を死なせるわけにいくか!」
   え?まさか戦う気?逃げた方が安全だと思いますが。
で、アスランが久々のMS戦だと心躍らせている間にシンがコアスプレンダーに搭乗、発進。
   い、何時の間に帰ってきたんだ?慌てたりしないの?
ソードシルエット、チェストフライヤー、レッグフライヤーの順に発進。
ステラがアスランのザクに気付き、ビームライフルで撃つが、回避され、
「何なの?」
   ザクです>違
で、ザクがガイアにタックル。
   やっぱり戦う気マンマンだこいつ、とあきれるカガリ。>いやいや、そんなシーンありません
ガイアとザクがサーベルとアックスで鍔迫り合いをしている間に、カオスがザクの背後に接近。
咄嗟に気付いたアスランも、避けきれずに腕を切られる。
   いくらアスランでもガンダム二機相手じゃどーしよーもないか。
   運命初の種割れかと一瞬期待したけど。
そのアスランの危機を颯爽と現れたコアスプレンダーが救い、
ソードインパルスへと合体。
   登場の仕方は主人公らしくてカッコよかったけど、合体が遅い遅い
   仮面ラ○ダーでいう変身シーンなんだろうけど、明らかに隙だらけ。
   今後あの合体時間を狙え!って敵が出たら大爆笑。
   レッグフライヤーが堕ちて足無しとか。
薙刀ポーズを決め、シンは怒りながら、
「何でこんなこと・・・また戦争がしたいのか、あんた達は!」
その姿を見て、デュランダルが笑みを浮かべ、
「いいえ、姫、争いが無くならぬから力が必要なのです」という言葉が流れながらEND。
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
<<PHASE02「戦いを呼ぶもの」 | 緋色の翼 | ED:第1クール>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。