かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE28「残る命散る命」
2005-05-01 Sun 14:48
どうも~。風邪ひいてテンションが不安定な音虎です。

シンがひたすら暴走する今回。正直コワいです。
こんなコにデスティニーなんか与えちゃっていいんでしょうか。(怖)
あ、それこそが議長の狙いか。

それでは、レビュー行きますよ~
…と行きたいところですが、ここで皆さんに非常に残念なお知らせがあります。
え~、やんちゃな雰囲気と、容赦ない毒吐き、そして可愛らしい寝顔で、
全国のお姉様方を虜にした、アウル・ニーダさんが戦死されました。
今日の夕方頃、敵軍であるザフト軍所属のシン・アスカさんの駆る、
ブラストインパルスと交戦中、そのビームジャベリンに貫かれ、
搭乗していたアビスと共に爆散したと見られています。

…まぁ、なんとな~くイヤな予感はしてたんだけどね。
だって始めからガンガン喋るんだもん。

「今日は緑かぁ?!」

「いい加減見飽きてんだよ!その顔!」


あと、死なないと分かってても、レイとルナにもヒヤッとしました。
まぁ、これでルナは乗り換えする口実が出来たわけだけど。

物量面で明らかに不利なミネルバ。
本艦がヤバいってのに、インパルス、セイバーはそれぞれカオス、アビスとちんたら交戦中。
残るは飛べない白ザクと当たらない赤ザク。
…ぜんっぜんダメじゃん。
見るからに半分死にかけてるミネルバ。
案の定、あっさりムラサメがブリッジに銃口を向ける。
もう駄目だ、とクルー全員がそう思った瞬間!(あれ?これってもしかして…)
一条の光がそのビームライフルを貫き、自由の名を冠する剣が天から舞い降りる。(やっぱり/苦笑)

続いてカガリの駆るストライクルージュが現れ、再び停戦をオーブ軍に呼びかける。
だからいつからエールは飛べるようになったんですか?

すると「またあんた達かぁ!」と種割れしたシンがそれに向かってミサイル発射。
いきなりかい。しかもミサイルて。
相手はフェイズシフト装甲だぞ?殺る気有るんだか無いんだか

もちろん、それがルージュに打ち込まれるのを黙って見ているハズもなく、
キラはただちにミサイルを撃ち落とし、インパルスに襲いかかる。
てゆーか頭部のバルカン砲でした。迎撃に使ったの。
コレ前に使ったことあったっけ?

キラ「こんなへろへろミサイルにプラズマビーム砲使うの、勿体無いもんね。(ニッコリ)」

迫るフリーダムの刃を交わすシン。
種割れパワーはダテじゃありません。
が、やはりキラには敵わないと判断したのか、キラを止めに向かうアスラン。
…おい、シンは仮にも自分の恋人を撃とうとしたんだよ?
反応するのはそこじゃないでしょ。
むしろ、キラより先にカガリを助けるぐらいの勢いでいかないと。

危ないって言ってるのに、戦いを止めようと飛び出していくカガリを守って、
暴走するストライク似のMSを止めなきゃいけないのに、
影のようにしつこくつきまとってくるアスラン。
ウンザリしたキラが適当にあしらっていると

「オーブへ戻れとあれほど言ったのに!」

とまた言って来るアスラン。
だいたい、アスランって過去のことばっかり言うんだよね。
「君のすべきことはそんなことじゃなかった」とか。
「ああすればよかった」、「こうするべきだったのに」。
過去のことしか他人に対して堂々と言えないのは、
きっと現在、そして未来の自分に自信が無いから。

流石に温厚なキラも、すこーしオツムに来たのか、
割り込んで来たカオスをメッタ斬り

キラ「ゴメンね、八つ当たりしちゃって。(ニッコリ)
   でも元はと言えば、そっちが悪いんだよ?

哀れスティングは海へ落下。まぁ、命があっただけよかったよ。うん。

シンは一方で換装やらデュートリオンビームやらでイキイキしてるけど、
レイは左腕をやられ、ルナはマジでやられて気絶。
ムラサメに特攻されて、ミネルバもほぼ壊滅状態。

肝心のアスランはと言うと、まだキラとゆるーく交戦中。

「お前の力は戦場をただ混乱させるだけだ!」

「撃ちたくないと言いながら、なんだお前は!」

とキラ達の行動を批判。
言ってることは正しい。
ただ、今はそんなこと言ってる場合じゃないだろう、という話です。

「カガリは戦いを今止めさせたくて、泣いている」

何故君はその気持ちを汲み取ってやれない?

君だって、戦争なんて馬鹿なことを止めさせたかったんじゃないの?

なのに何故今は、連合やオーブと戦っているの?

何故君が僕達の邪魔をするの?

今回、キラ達の介入で両陣営がそんなに混乱しているとは思えない。
なら、キラ達の邪魔をするより他にする事があるのではないのか?

遂にキラは言い放つ。

「なら、僕が君を撃つ!」

その言葉の直後にはセイバーはバラバラにされ、海へと落下していく。
圧倒的な速さと強さに呆然とするアスラン。

アスラン「クッ、せめて自爆だけでもさせてくれたっていいじゃないか!」

キラ「次はもうちょっと手応えがあるといいなぁ、じゃあまたね、アスラン。」

その人の持つ意志が正しいか否かに関わらず、
その強さがそのままその人の強さになる。
今のアスランは迷っている。
キラの「撃ちたくない、撃たせないで」と、
ハイネの「割り切れよ、じゃないと、死ぬぞ」の言葉。
戦うべきか否か。
撃つべきか否か。
何と戦えばいいのか。
何を撃てばいいのか。
アスラン、早く自力で答えを見つけないと、下手したら死ぬよ?マジで。

ソードシルエットに換装したシンは、オーブ艦に次々と取り付き、破壊していく。
それを助けに向かうカガリに向けられる銃口。
「カガリさまどうかお下がり…」
カガリを助けようとして犠牲になるムラサメ。
責任を全て背負い、艦にただ一人残るトダカ一佐。

「同じ志を持つ者を集めて、アークエンジェルへ行け!」

と言い残して。

トダカの残るブリッジに迫るインパルス。

かつて家族を失い、力を欲した少年と、
彼が力を得るきっかけを作った男。

その少年は今、得た力で男を殺そうとしている。

切り裂かれるブリッジ。

争いは、悲しみと憎しみ以外、何も生み出しはしない。

さぁ、次回は議長メインで回想がいっぱい。
見所が有るんだか無いんだか
でもまぁ一応、乞うご期待。
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
<<マジで改名しちゃった | 緋色の翼 | PHASE27「届かぬ想い」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


最近、気になっていた恋の行方がたった一言で終わってしまってたり、今日の話のタイトルで誰が散るのかを予想している全国のS-Dファンの皆様早速感想に入ります。 …
2005-05-01 Sun 22:40 CODY スピリッツ!
残る命 散る命。聞いたとき、嫌なタイトルだなぁと思ったのですが、おそらく対比はスティングとアウル、そしてユウナとトダカだったのかな、と。また、別の見方として、シンとアウル、シンとトダカも対比になっていたのだと思います。さて、昨日は調子が悪く、さっさと寝て …
2005-05-05 Thu 22:22 暁の空
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。