かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE27「届かぬ想い」
2005-04-24 Sun 21:12
どうも~。新しい生活リズムにまだ慣れず、
頭と体がジレンマを起こしてる音虎です~。

はい、遂に黒い議長が垣間見えた今回。これから議長がどう動くかとっても楽しみです。

じゃ、レビューいくぜ。ってか今回ブラックキラ出しにくいよ…。

シャトルでプラントまで直接行っちゃうの?と不安だったけど、
流石にそれは危ない、ということでシャトルを乗り捨て、
岩でカムフラージュされているエターナルに合流するラクス&アンディ。
って今までダコスタその他は一体何してたの?

バルトフェルド「あ、ダコスタ?ウチの姫が『そろそろ芸能復帰したい』
          ってうるさいからプラントに行きたいんだけど。」
ダコスタ「んーじゃあ、そこまで送ったげるから、どっかで待ち合わせしない?」
バルトフェルド「じゃあエターナルなんかどう?
ダコスタ「りょーかーい。じゃあ先に行って待ってるね。」

って事前に打ち合わせしてた様子もないし…。>どないやねん
大戦終了時から今までずっとそこにいたハズないし…。

ラクスのそっくりさんによるシャトル強奪の報告が議長に届く。
議長は「狙いはプラント国内の混乱」と断定し、引き続き捜索を命ずる。
が、通信を切った後に、
「離れたのはかえって好都合かもしれん。
 ラクス・クライン…そしてキラ・ヤマト…。」
と一人でつぶやく議長。
ふっふっふ。悪議長ばんざーい!遂に正体を現したな!
「あの優しいラクスがどんなに悲しむことか。」
悪発言ばんざーい!「優しいラクス」、ね。もう大笑いしました。

一方、もう一人の悪役、ジブリールは失敗続きのネオをお説教。
でもネオはステラ「損失」ですっごく落ち込んでて、
やる気無さそうな返事しか返さない。
そんなネオを「計画」が進まない、と急かすジブリール。
手元のモニターにはデストロイのデータが。
こっちの悪役もそろそろ何かやってくれそうで楽しみ。

そして悪役というより芸人のユウナ様は、素晴らしい指導者であらせられるので、
…え?いや、皮肉じゃなくて。
オーブの安全を第一に想う行動を誉めてるんですよ。
いやぁ、このような素晴らしい指導者がいれば、オーブも安泰だね。
まぁあれだね、ムリヤリ欠点を1つ挙げるとすれば、
本当の戦争を知らないこと、かな。
敵を撃てば、それ相応の反撃がくる、ということが。

にしても議長といい、ユウナといい、国家の要人が戦場に出てどうするの。
ジブリールをご覧なさい!
あんた達もあんな風に、モニターばっかの薄暗い部屋に引きこもって、ブランデーでも飲んで、
音虎、じゃなかった猫でも撫でてなさい!

連合がミネルバの動きを熟知していること、
議長の手元にデストロイのデータがあること。
ルナマリアみたいな名スパイがいっぱいいるってことですね。>違

体に異常を来し始めるステラ。
だが、特別な身体であるため、何をしたらどうなるかが全く分からない。
シンはミネルバの中心で「助けて下さい!」と叫ぶことも出来ず、
ただその様子を見守るしか出来ない。

ここ見てて思ったんだけど、シンはこれからどうするんだろ、って。
「守る」と言った手前、ただ見てるだけ、というわけにもいかないし。
「ここじゃ何もしてやれないって言うんだったら!」
って連合にステラを返しちゃう、なんてことはないよね、まさか。

そういえば、前回「ステラの記憶は不安定」って書いたけど、
覚えてたね。シンのコト。バッチリ。
あれ?あんなにあっさりシンのコト思い出したんだから、
思い出したり忘れたりを繰り返す不安定な状態だと思ってたのになぁ…。

タリアにアスラン・ザラ観察日記>違を提出するルナマリア。
よかった、いやーホントよかった。
ルナ様ならやりかね…いやいや、やらないって信じてたけどね、ストーカー

調査内容は全て忘れろ、とタリア。
しかし、アスランが鏡の前で1時間ぐらい髪を触りながらブツブツ言ってたこと、
実は育毛剤を5種類も使っていたこと
朝起きた直後、枕元を見て数十秒間固まってたこと、
そしてラクスの偽物及び暗殺の件を忘れられないルナマリア。
あぁ、忘れたくても忘れられない。頑張れ、ルナマリア!

フリーダムに乗ってミリアリアがアークエンジェルへ。
そしてかつての仲間と再会を果たし、自分も力になる、と。
「世界もみんなも好きだから。」
本当にいい子です。
え?マードックとのやり取りは?
…そんなの…ディアッカが可哀想過ぎてとてもここには書けません。(涙)

オーブがまた戦うと知り、苦悩するカガリ。
アスランの声が脳裏に蘇る。
今自分のすべきことは一体…?
だがその間にキラが決断を下す。
「行きましょう」と。

アスランの言ったことは正しい、でも今条約のことを言っても仕方がない。
今出来ることをしなければならない。
オーブの戦闘を止めさせる、と一度決めたのだから。

カガリは、キラとラクスの言葉により、再び戦闘への介入を決心する。

キラ「フフフ、うまくいった。カガリってホント、扱いやすいなぁ
    でもしょうがないよね、こうしないと僕なんか全然目立たないし
    あ、そうだ、活躍ついでにアスラン持って帰ろうかな。
    そろそろトリィのメンテナンスして欲しいし、カガリも可哀想だしね。」

そして遂に始まる戦闘。

なんか大事なコト忘れてる気がする、と言うアウル。
だがスティングは全く気にも留めない。

ステラのことが気にかかるシン。
そしてやはりキラ達のことが気にかかるアスラン。

そして海中から姿を現すアークエンジェル。

さぁ、今回久し振りのブラストが出撃。
次回はソード、そして多分フォースにも換装。
デュートリオンビームも照射。
インパルスをフル活用します。
つまり。
今回の戦闘でインパルスが破壊される確率高いですね。
ストライクの時もそうだったし。

次回、シンが久し振りに種割れ。自在に種割れ出来るキラに敵うのか!?
乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
<<PHASE28「残る命散る命」 | 緋色の翼 | PHASE26「約束」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


なんかバンダイも必死だなぁと思った第27話。ジン、カオス、アビス、インパルス、セイバー、ムラサメ、アストレイ、ザク、フリーダム、ストライクルージュ。MS大量放出でした(汗)。最後のフリーダムとストライクルージュの妙に気合いの入ったカットも、再び旧キャラにラス …
2005-04-25 Mon 00:05 暁の空
今回は大きな話への繋ぎっぽい内容…って感じですね。特にあれこれ考察することもないので、感想は短めです。でも、ネタバレにはご注意を。   …
2005-04-27 Wed 10:05 Sakura*Blog**
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。