かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE16「インド洋の死闘」
2005-02-14 Mon 23:19
さぁ、今回は戦闘メインなんでレビューは必然的に短くなります。
てゆーかガンダムなんだから、普通戦闘メインのアニメのハズだけど。
どうしてもSEEDシリーズはラブコメ方向に行ってしまうみたい。

地球軍艦隊・旗艦・J.P.ジョーンズ。
ネオはエラそうに、インド洋前線基地のウィンダムの全機出動を要請。
勿論、基地側はこれを拒否。
それに対してネオは、
「相手はオズゴロフ級とミネルバだぞ?それでも堕とせるかどうか怪しいってのに。
 この間のオーブ沖海戦のデータ、アンタ見てないのか?!」
と反論。
確かにもっともな意見だけど、その位強い相手に全機出したら、
せっかくのウィンダムが全滅かも・・・ってことは考えなくていいのか?
基地側のオッサンは、対カーペンタリアの為の基地を建設する任務中なのにと反論するが、
その基地もザフトを討つ為のものなんだろ!?と言われて結局敗北。
その代わり、「ここの防衛にはガイアを置いといてやる。」らしい。
ネオが出撃するのにステラが黙って待機してるわけないよーな気がするけどね。(笑)

「いいなぁ、皆。ステラだけお留守番。」
予想通り、ものすごく残念そうなステラ。
「しょーがねぇじゃん。ガイア飛べねーし、泳げねーし。」
飛べねーし、泳げねーけど、宇宙空間で走れるぞ、ガイアは。それだけで十分凄いと思うが。
「海でも見ながらいい子で待ってな。好きなんだろ?」
「ウン・・・。」
やっぱり優しいスティング。いーヤツだ。妹をなぐさめる良き兄、見たいな感じ。
「オレも、ステラと出られないのは残念だがねぇ。」
ホントにそう思ってるのか、とっても怪しいんだけど。
「ネオ!!」
嬉しそうに駆け寄るステラ。
「だが仕方ない。何も無いとは思うが、後を頼むな。」
と言ってステラの髪を撫でるネオ。
「ぁ・・・。ウン・・・。」
一瞬、キスするのかと思って焦った。だってあの体勢で顔近づけるんだもん。
でも髪を撫でられた後、残念そうにしてるってことは、ステラはキスしようとしてたのかも。
ベルトコンベアーで艦の横から発進する二機。ちょっとカッコ悪い
「スティング・オークレー、カオス、発進する!」
「アウル・ニーダ、アビス、出るよ!」
そして基地から次々と発進していくジェットストライカー装備のウィンダム。
それを、窓越しに悔しそうに見上げるオッサン。
「ええぃ!ファントムペインめ・・・!」
まだ言ってたんかい
島を渡ってジョーンズを見送りに出るガイア。
そして遂に出るシュミの悪いカラーリングのネオ専用ウィンダム。
「これでケリがつけば御の字だがね。」
そう言って頭に浮かべるのは「白い坊主君」(笑)のみ。見送りに来てるステラなんかout of 眼中
「ネオ・ロアノーク、ウィンダム、出るぞ!」

で、そのウィンダム部隊の接近をミネルバが感知。コンディションレッド発令。
それに素早く反応するパイロットスーツ姿のシンとアスラン、そして船内を走るレイとルナ。
ってか、シンとアスランは何であらかじめパイロットスーツ着てたんだろ?エスパーか?
熱紋称号により、一機はカオスと判明。
「あの部隊だっていうの!?一体何処から?付近に母艦は?」
「確認できません。」
またミラージュコロイドか!
「海で?あり得ないでしょ!」
もうタリアに怒られるのもお約束だけど、もうちょっと勉強しろアーサー。「六隻初耳発言」といい。
今更だけど、何でコイツが副長やってるのかが不思議に思えてきた。
「グラディス艦長!」とアスランから通信。地球軍ですか、と。
「ええ。どうやらまた待ち伏せされたようだわ。毎度毎度、人気者は辛いわね。」
この戦闘は回避不可能と二人は合意し、アスランは発進後のMSの指揮を任される。
で、通信で「発進後の指揮は俺が取ることになった。」とアスランが言うと、シンは「えぇ?」。
めっちゃイヤそう。絶対指示聞かないな、これは。反抗期、ってヤツか?

接近するウィンダム部隊。
スティングはUNKNOWN(=セイバー)を発見し、そちらへ勝手に接近。
「おいおい、スティング!ま、いっか。俺は馴染みのあっちをやらせてもらう!」
アンタも勝手に行くんかい。指揮執れよ、ちゃんと。

早くもウィンダムを一機撃ち落とすシン。
ええぃ!数ばかりゴチャゴチャと!
シン、それどっちかと言うと敵キャラのセリフだから。もっとキラみたいに、
「・・・くっ!こんなに大勢・・・キリが無い!」
とかの方がいいんじゃないか?一応主人公なんだからさ。

一方セイバーに挑むカオス。
「そらぁ!見せてみろ力を!この新顔!
前回、ただでさえ量産機のザクで圧倒されてたのに、果敢にアスランにケンカを売るスティング。
うわ、勇気あるなぁコイツ。>いや、相手が誰かなんて分かってないから
取り敢えず合掌。ホントはいーヤツなんだから死ぬなよー。>アスランは相手殺さないハズだけど・・・多分
カオスの一斉放火を回転して避け、さらに回転しながらMAへ変形。
そして急旋回の後、急降下して攻撃。
すごいなアスラン。常人なら酔うか失神してるぞ、確実に。
まぁコーディネーターだし。軍人だし。多分慣れてるんだろうけど。

ゴミのようにウィンダムを次々と葬り去るシン。
「こんな奴らにやられるか!」
と、調子に乗ってるところへ、
「ふーん。ナルホドね。」
と、ネオが襲い掛かる。な、何がナルホドなんだ?
雲を上手く使い、シンの攻撃をことごとくかわすネオ。
「クソ、何だコイツ・・・。速い!」
「あんまりいい気になるなよ、ザフトのエース君!」
おぉ、ちゃんとエースって認めてもらってる。敵にだけど
「ボヤボヤするな!連携して追い込むんだ!」
結局ちゃんと指揮執ってんじゃん。よかった、どこぞの白オカッパみたいじゃなくて。
多数のウィンダムに一斉照射されるシン。
「シン、出過ぎだぞ、何をやってる!?」
一旦退けと命じるアスラン。勿論、聞く耳持たないシン。
「へっ。文句言うだけなら、誰だって!」
やっぱ、反抗期ね。

一方、アビスがミネルバやニーラゴンゴに接近。
それをソナーで捉えるニーラゴンゴ。
「速いっ!これはMS・・・アビスです!」
さぁ、数少ない水場での活躍期待大のアビス。見せ場だアウル!それゆけアウル!

Bパート。
と、ゆーわけでレイとルナとグーン×3が水中戦闘へ出撃。
「ビームライフルではダメだ、バズーカを!」とレイ。
おぉ、キラと考えることは同じか。まぁ、対艦刀は流石に無いし。
「水中戦なんて!もぉ!」とルナマリア。
デブリ戦もダメ、射撃もダメ、水中戦もダメ。じゃあ一体何が得意なんだ?!

上空ではアスランがスティング、シンがネオといまだ交戦中。
ってかアスランさっきから一機も撃墜してないんじゃない?
シンはネオと戦いながらも、結構沢山ウィンダム堕としてるのに。

グーン三兄弟の魚雷攻撃はアッサリかわされ、
「あっ」という間にまずは一機が哀れ真っ二つに。
「あっははははは、ゴメンねぇ、強くてさぁ!」
今日の名言なんじゃないかな、コレ。
で、二機目も爆散。

「ミネルバ!今のは?!」
海中の爆発によって吹き上がる海水を見て尋ねるアスラン。
「それより敵の拠点は?そちらで何か見える?」
「いえ、こちらでも何も。」
グーン二機もやられといて、「それより」というのも酷すぎるハナシだけど、
敵は倒せない、部下の指揮は執れない、敵の拠点は見つけられない、というのも酷い。
アンタFAITHだろ。何やってんだよマッタク。
で、ネオに手こずってるシンはとゆーと、
「コイツを、コイツさえ堕とせば!」
と言ってザコウィンダムを堕とす
。お前も何やってんだ。
言行不一致のシンも面白いけど、爆散直前のザコ兵士の叫びも面白い。
「うわあぁぁぁ!エリザベ~ス!」
誰だよエリザベス。こっちの方が名言だな、うん。アウルのじゃなくてこっちの方が今日の名言。
多分、帰りを待ってる結婚間近の恋人とかの名前なんだろうけど。合掌。

「ネオ・・・。」
その戦闘をずっと見守っているステラ。そんな近くにいたのかよ!
ってか、そんな近くにいるってことは、建設途中の基地も近いはずなんだけど。
アスラン、ホントに見えない?
居ても立ってもいられなくなり、ゾイドMAに変形して・・・って、
水面を走っとる?!!ウソだろ?!もう何処でも走れるのか?!何でもアリなのか?!
それだけですげーよ!飛べない泳げないどころの騒ぎじゃねーよ!

で、ステラがウルトラCを繰り出してる間に、アウルも最後のグーンを撃破。
「へっへーんだ。」
といい気になってるところにレイとルナが登場。
?・・・あ、出撃したの忘れてた。ごめんごめん。
てかOS書き換えナシで水中に入れるんだ?万能だな、ザク。何を目的に開発されたんだ?
「こんのぉ!調子に乗ってくれちゃってぇ!」
と、ルナがミサイル発射。苦手だとか言ってる割に積極的。いいことだけど。
「ハッ。そんなんで、この僕をやろうって?」
「僕」?アウルの一人称って「俺」じゃなかったっけ?気のせいか?
ステラも一人称「ステラ」と「私」で変わるし。
「舐めんなよ、コラァ!」

相変わらずザコばかり倒すシン。
「チッ。思った以上に腕を上げてるな、さて、どうするか・・・。」
と、取り敢えず逃げるネオ。
「ネオー!」
水面走りで助太刀ステラ。インパルスに飛びつくガイア。
「フフッ。」
笑ってるってことは、ネオはコレを狙ってたのか?まぁこうなることは容易に予想できるけど。
女心弄んでるよな、コイツ。
一時戦闘不能に陥るインパルス。
それを上空から狙うネオ。
「シーン!」
と今度はアスランが助太刀。
「チッ、アイツもやるなぁ!」
だって以前一緒に戦ってたし、「アテにしたい」って言ってたじゃん。
え?それはムウ・ラ・フラガで別人?そりゃ失礼。
「コイツ・・・いっつも・・・いっつもぉ!」
対峙するインパルスとガイア。
ってか浅瀬だ、ココ。水面走ってたんじゃなくて、浅かっただけか。
今度はスティングとネオに狙われるアスラン。
軽々避けてるところが凄いけど、
「シン!下がれ!乗せられてるぞ!シン!」
うるさい!やれる!」
と命令はアッサリ無視されてます。カッコ悪。

「対空砲急げ!えぇい、ネオのヤツ、何をやっているか!」
ウィンダムが全滅しかけてるので、基地の例のオッサンはブチギレ状態。
まぁ、当たり前だけど。

何時の間にかインパルスとガイアは上陸し、林へ突入。
警報が鳴り、基地建設をさせられてる民間人と、それを監督していた兵士が避難。
機関銃で狙われるインパルス。
「今度は何だよ!・・・基地?こんな所に?建設中か!」
敵に自分の本陣知らせてどーすんだ。せっかく知らなかったのに。
フェンスを越えて何とか逃げようとする民間人を撃つ兵士。
怒るシン。ヤバイ、暴走か!?

その頃、ルナがアウルに撃たれて左腕を失う。
まぁ、ハッキリ言って、今はホントにどーでもいいけどね、そんなこと。>酷
アスランが最後のウィンダムを撃破。
って撃破?!していいのかよアスラン?!不殺の信念は何処に?
ってことはなにか、軍に復帰したら殺していいんだ、と?
「そろそろ限界か!ステージが悪かったかな。」とネオ。
いや、どっちかとゆーとこれ以上いいステージは無いと思うよ?
どーせステージ変えても、ウィンダム、インパルス、セイバーは空中戦闘が主であんまり変わらないし、
むしろ、水がある方がアビスが活躍出来るわけで。
それでも圧倒的に不利なので撤退準備。
ジョーンズを合流予定地に呼び出し、アウル、ステイング、ステラに撤退命令を出すネオ。
「何で?」
と、自分は活躍してるのに、と不満そうなアウル。
「借りた連中が全滅だ!拠点予定地にまで入られてるしな。」
「え~?何やってんだよ、ボケ!
確かにアウルの言うとおり。
インパルスが大量にウィンダムを葬ったオーブ沖海戦のデータを見てるのに、ウィンダムを全機レンタル。
拠点予定地にインパルスが入ったのは、ガイアが出て来たせい。
ステラが出てくるのは容易に予想出来たこと。
つまり、結論としてネオが全面的に悪い。ボケです他人のこと、エラそうに言えないね♪
「言うなよ。お前だって、大物は何も堕とせてないだろう?」
「なら、やってやるさ。」
ってことで、少々ネオに乗せられてる感もあるけど、アビスは敵艦へと向かう。
レイとルナは無視して。(爆)
魚雷4発、実弾3発であっけなくやられるニーラゴンゴ。よえー。
アビスを追ってきたレイとルナはその爆風で吹っ飛ばされる。何の役にも立たないザク二機。(爆)
「うはははははははは!」
意気揚々として引き揚げるアウル。今回は一人で大活躍でした。

ニーラゴンゴがやられた知らせを受け、怒りを建設途中の基地にぶつけるシン。
ものの見事に兵士達が消し飛んでますが。シン?また悪役化ですか?
破壊の限りを尽くすシン。
「シン!何をやっているんだ!?やめろ!もう彼らに戦闘力は無い!」
一応敵軍の基地だし、止めさせる理由もないような。・・・と思ったけど、
よく考えたらプラントは「積極的自衛権」の行使をするわけで、明らかにやり過ぎ。
そうかと思えば、フェンスを取り払い、民間人を解放し、満足そうに微笑むシン。
やってることは良い事だけど、軍人がやることじゃないような気が。
「パン!」
・・・と思ってたらアスランに殴られてた。やっぱし。命令聞かなさ過ぎ。それにしてもいい音
「殴りたいのなら別にかまいやしませんけどね!けど、オレは間違ったことはしてませんよ!
 あそこの人達だって、あれで助かったんだ!」
再度「パン!」
「戦争はヒーローごっこじゃない!自分だけで勝手な判断をするな!
 力を持つものなら、その力を自覚しろ!そして俺の言うことを頼むから聞いてくれ!
唖然とし、息を呑みその様子を見守る周囲。
タリアが溜息をつき、助けられた民間人達がミネルバを見送ってEND。

ではシン、今の気持ちをどうぞ!
二度も殴った!親父は死んじゃったのに!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:1 | トラックバック:0
<<PHASE17「戦士の条件」(途中) | 緋色の翼 | PHASE15「戦場への帰還」>>
この記事のコメント
コメント有り難うございます
コメント有り難うございます、川村さん。
せっかくコメントして頂いたのに、こちらの手違いで削除してしまいました。
すみません。
・・・まぁ管理者の私だけが閲覧可能なコメントでしたので、あまり支障は無いんですが。(苦笑)
ただ、「秘密」のコメントに対してここでレスしてよいものなのか、少し不安でしたので、
今回はお礼だけにさせて頂きます。
またコメントして頂けるようなら、次からはコメントを公開して頂ければ幸いです。
2005-02-16 Wed 23:41 | URL | 音虎 破ん治 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。