かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE36「アスラン脱走」
2005-06-27 Mon 22:36
はい、意外に面白かった今回。
一時はどうなるかと思いましたが。
アスランが、
「キラを殺せなんて命令が出るザフトなんか、もーいやだ。抜けてやるもんね!」
じゃなくてよかったです。
本当にそんなのだったら、今回はレビュー、お休みしようかな、と思ってたんですが。

じゃ、レビューいきまーす。


議長自ら最強と謳うデスティニー。
シンが乗ることを想定して造ったこの機体、
「インパルスでは限界を感じただろうが、これならそんなことは無いとわたしが保証する」と議長。
…えーっと、限界なんか感じてましたっけ?
むしろ対フリーダム戦でやっと使いこなした、と思ってたんですが。

量子インターフェースの改良により、誰でも使えるドラグーンを搭載したレジェンド。

議長「どうかなアスラン。君なら使いこなせると私は思うのだが。」
アスラン「いや、しかし議長。コレ、どう見ても私が乗る機体には見えないんですが。」
議長「どうしてかね?」
アスラン「赤くないからです!だってほら、私、『紅の騎士』ですからぁ!残念!
シン「アンタまだそんなネタ!

えーと、そんな会話は…無かったみたいです。はい次。

さぁ、次はいよいよアスランが怒涛の質問を議長に浴びせ…るんだよね?
まさか、
「うっ」とか、
「それはっ」とか言うだけで、
一つもロクに言い返せないとか、そんなヘタレな内容じゃないよね?

争いを止めたい、武器など必要ないと言っているのに、何故こんなモノが?との問いに、
戦いを終わらせる為に戦う、というのは矛盾しているとは思うが、仕方がない。
彼らは話を聞こうとしないのだから、と議長。
話し合いなんかしてたっけ?初耳なんですけど。って返せよアスラン…
更に、何故アークエンジェルとフリーダム討てと命令したのか?については、
議長はアスランが苦手な質問返し
想いが同じなら、何故彼らはこちらへ来なかった?と。
いつでもそうすることは出来たはずだし、タリアも投降を呼び掛けたはずだ、と。
これ、キラ達は絶対に来ないと分かって言ってますね。
ラクスの偽物を使うこちらの味方になるはずがない、と。
議長の言うことに、「それはっ!」と反論しようとするが、後の言葉が出て来ないアスラン。
なんで言わないのそこ。別にいいじゃん。シンなんか気にしないで、思いっ切り、
胸だけ全然演じきれてないそこの偽ラクスのせいじゃーっ!」って。
言っちゃいなよ。
言わないとまたハゲちゃうよ?>酷

更に議長は続ける。
君の憤りも分かる、と。
「何故こうも世の中は思い通りにいかないのか」
…議長、コレはアンタの憤りだろがぁ!
と言いたいトコだけど、結構当たってるかも。
だってねぇ…。アスラン、苦労人だもんねぇ。
そりゃ、生え際の一つや二つピンチになる位の不満は抱えてるよ。

こっから議長の話は飛びます。
キラは不幸だ、と。
最強の戦士としての素質と能力を持って生まれたのに、
周りはおろか、自分さえもそのことに気付かずにきた。
それは不幸だ、と。
その力を十分に生かせたら幸福に生きられたのに、と。
本当の自分、そして自分に出来ることをちゃんと把握し、
十分に自分を生かすことが出来るのが幸福だ、と。
だから私は、皆が幸福に生きられる世界にしたい、と。

誰が何時アンタの演説を聞きたいと言った?
まぁ、原稿ナシでよくここまで言えたね、とだけは言っておきますけどね!
議長は「皆」と言うけれど、恐らくそれは議長の選んだ人達全体を指すに過ぎない。
議長の作る世界に必要とされない人達は?
役目を果たしてしまった人達は?

えーと、他にも色々議長が言ってたよーな気がしますが、
全部拾い切れませんでした。限界です。喋り過ぎなんだよ議長。(怒)


続々とジブラルタルに入港する地球軍艦、オーブ軍艦。
その中にはキサカの姿が。
なんで出て来ないのかなと思ったら、地球連合にいたんですね。
何故だか分かんないけど。
その様子を見て、

アーサー「裏切られたらジブラルタルは終わりですね!ハハハハハ…」
タリア「もうっ!下らないこと言わないの!」

どんな状況でも癒やしを忘れないアーサー。
いや、本人には勿論、そんな気は無いでしょうけど。


その頃、ギルとレイは再会。
今度は飛びつきませんでした。(笑)
ロドニアのラボでは大変だったね、みたいに「まだ」黒くない話をする二人。
そしてなんと、その会話を盗み聞きするミーア。
なんか死亡フラグがビンビンなんですけど!
ミーア死ぬの?!死んじゃうの?!どうな…

CM>えー


悩むアスラン。
いわゆる「頭ハツカネズミ状態」です。
そこへミーア登場。そして、

ミーア「やっぱりここにいた!早く行かないと疑われちゃう!」

は?何が?と言うアスランに、ミーアは耳にした事を伝える。
ルナマリア製作・アスラン・ザラ観察日記>違や、盗撮写真を見て、

デュランダル「そうか…。やはり駄目かな、アスランは。」

余計なことを考え過ぎる、キラと出会ったことが不幸だ、ついでにハゲてる、と言いたい放題の二人。

ミーア「ね?だからマズいの。ヤバいの。」

そこでよーやくアスランの頭の中のハツカネズミは回し車を回すのを止める。
議長は、戦士としての俺しか必要としていない。
ハナから俺の事を自分の野望の為の手駒としか思っていなかったんだ、と。

やっと気付いたその時、「アスラン・ザラ、少し来てもらおうか」とドア越しの声。

アスラン「流石、議長は頭がいいな。
      なんで俺がハゲてるって分かったんだろうな。」

いや、皆知ってるから、とミーアが突っ込もうとしたその時、
パリーン
とアスランは窓を突き破って脱出。
続いて銃を持った兵士が突撃。
大乱闘開始。
が、すぐに決着はつき、窓からアスランは手を伸ばす。
ミーアはその手を取り、二人は走り出す。
だが、このまま愛の逃避行かと思いきや、
途中でミーアは足を止め、戻ろうとする。

アスラン「だが君だって、何時までもそんなことをしていられるわけないだろう!
      そうなればいずれ君だって殺される!だから一緒に!」

アスランは手を差し出すが、

ミーア「あたしは、あたしはラクスよ!」
アスラン「ミーア!」
ミーア「違う!あたしはラクスよ!ラクスなの!ラクスがいい!」

役割だっていい。その役割を精一杯やれば、その時だけでも自分はそれになれる。
偽りの己を捨てた者と、偽りの己を捨てられない者。
二人の歩んで来た道はこうして二手に分かれた。
アスランは駆け出し、ミーアは座り込む。
この二人の描写、
ミーアの偽りの己はラクス。それは既に完成されたキャラクター。
それを演じ続けるということは、ずっと何の変化(駆け出す)もしない(座り込む)ということ。
そんなことを表してるのかな、とふと思いました。
…ただの深読みかも。(汗)


「出来れば拘束したいが射殺もやむを得ん!」
と、本格的に捜査開始。
前もこんなことあったよーな。
あーやっぱりアスラン大変だね。
なんて同情してたら、アスラン、メイリンの部屋に乱入
おぃぃぃぃぃ!何やってんのアスラン!
マズいでしょそれは!
って突っ込んでたら早くも追っ手が到着。
アスランがまた
パリーン
と窓から出て行こうとしたら、メイリンが「こっち!」と風呂へ。
更に服を脱ぎだすメイリン。
え?もしかして、「アスランがコレ着て変装作戦」ですか?
バレバレだよアスラン!
ってか入んないよ!
なんて突っ込みは無駄に終わり、
「シャワー浴びてたらいきなりドアを叩くからビックリして出て来ちゃった作戦」でした。
よくとっさに思いつくなぁこんな作戦。
どーでもいいけど、風呂場で銃構えてるアスランがなんだか笑えます。
一応助かったアスラン。
でもメイリンは、自分でも何故助けたか分からない様子。
「でも助かった。すまない。」とアスランが出て行こうとすると、
メイリンはガッシとアスランの足を掴む。
いや、その掴み方、危ないよメイリン。
話がギャグ路線なら絶対コケるトコだけど、
あいにく今回はシリアスなので、アスランはコケませんでした

とゆーわけで、
「殺されるくらいなら行った方がいいです!」
と、メイリンも一緒に逃走。
ってか、メイリンが車で暴走

アスラン「ちょ、ちょっと待った。まだシートベルトしてないって。」
メイリン「そんなことしてるヒマがあったら、どこかに掴まってて下さい!」
アスラン「えぇ?!一体ドコに?!」
メイリン「オラオラァッ!どけやそこォ!
アスラン「ひいっ!何?この人、ハンドル握ると性格変わっちゃうタイプ?!

が、もう少しでグフに乗り込むというところでレイ登場。

レイ「やっぱり逃げるんですか!許しませんよ、ギルを裏切るなんて!
アスラン「いや、そこ何か違うから!ってか、こっちにメイリンがいるんですけど!」
レイ「うっさいわぁっ!蜂の巣にしてくれる!
アスラン「え?今度は何?議長のことになると性格変わるの?!

だがしかし、そこはアスラン。射撃なら負けん!とレイを撃退。
アークエンジェルもキラも無事なハズ、と勝手に判断して合流を目指す。

だがしかし、議長&レイはしつこかった。
なんとデスティニーとレジェンドで追い回すというイジメに出る。

レイ「油断するなよ。追うのはアスランだ。」

てっきり
「ふん!むしろデスティニーの能力を試すには好都合だね!」
なんて言うのかと思ったら、

シン「えぇっ?なんで…?!」

ホントに本心が分かりにくいキャラです。

さぁ、次回。
デスティニーとレジェンドでグフを袋叩きにするのか、
それともグフごときに新型二機が大苦戦なのか。
ってか今回キラ回想でしか出てないよ!
乞うご期待!
いやー今回長かった…。
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:4
2005年5月のアクセス解析結果
2005-06-27 Mon 21:31
はーい、例のコーナー行ってみたいと思います。
それでは。


・トータル&ユニークアクセス

トータルアクセス:2686
ユニークアクセス:1478

おぉ。前月よりちょっと増えてます!増えてますよ!>落ち着け
来てくださっている方々、本当に有り難うございます。


・国

1 日本 1202
2 ネットワーク組織 194
3 米国営利組織 8
4 オランダ 1
5 タイ 1
6 米軍 1
7 その他 1

フランスが消えて今度はオランダになりました。(笑)
また「米軍」来てるし。


・都道府県


1 東京都 91
2 神奈川県 54
3 兵庫県 31
4 大阪府 30
5 大分県 24

Best3には関西勢、入りました!
これからは関西弁で書いてもいいってことですか?これは。
ってか、大分の方がなんで多いのか気になる…。


・サーチワード


1 seed レビュー 53
2 seed destiny レビュー 26
3 SEED レビュー 25
4 ストライクフリーダムガンダム 24
5 SEED DESTINY レビュー 23

やはり「ストライクフリーダム」が上位に来ましたね。
種デスって名称ネタ多いなぁ。
マユ・アスカは消えましたね。(笑)

<番外編> 注)プライバシーを考慮し、複数人による検索ワードのみを載せました。

8 スーパープロヴィデンス
未だに上位に入ってますね。
12 音虎 シン アスカ
おぉ!これ、明らかにウチ狙いで検索して下さってますよね!
嬉しいです。
15 ザラ観察日記
これも引き続き登場の検索ワード。
33 インフィニットジャスティス
こちらも名称ネタ。
37 seed スタッフロール 主人公
こんな大事件もありましたねぇ。(遠い目)
62 音虎破ん治
おぉ!今度は私!嬉しい限りです。
66 ルナマリア 命中率
コレ、改善されるんでしょうかね?
75 今週のルナマリア
いや、そんなコーナー無いんですけど。(汗)
80 ルナマリア パンツの色
いや、それも無いんですけど。(汗)
94 黒愛 レビュー
な、何の話ですか?
96 黒キラ
このブログの唯一の売り物かも。他でもやってらっしゃるけど。
113 改名
この月はその話題で、もちきりでした。
118 ガンダムSEED 作画ミス
実は多いですよね。他のアニメはどうなんだろ。
120 ガンダムSEED DESTINY 打ち切り
えぇ?もうそんな検索ワードですか!
123 アスラン ダルマ
ありましたありました。名シーンですよね。
124 なら、戦うしかないじゃないか
これも名言ですよね。最近はもっぱらCMで使われてますが。
158 シン・アスカを陰ながら
おぉ!これもここをピンポイント爆撃してますよ。
160 シン・アスカ 影が薄い
上と似てますが、悲しいですね…。
161 シン 生温かく
なんかコレだけ抜き出すと、全然意味不明なんですけどね。
これもピンポイント爆撃。微妙だけどやっぱり嬉しいです。


以上です。
別窓 | アクセス解析結果 | コメント:0 | トラックバック:0
いやぁ、楽しみだなぁ
2005-06-25 Sat 17:06
どうも、月曜の「西川貴教のオールナイトニッポン」を聞いて以来、
「vestige」をリピート再生しまくりの音虎です。
ご存知の方も多いかと思いますが、福田監督が「これこそが種シリーズのテーマソング」と大絶賛のこの曲、
劇中に挿入歌として流れることが決定してます。

T.M.Revolution、なんと2枚目のバラードシングル。
西川さん、自分でも「バラードが21枚中2枚ってどういうことだよ」と言ってました。(笑)

まぁ、そんなことはどーでもよくて。
いい曲です。悲しい感じが種デスワールドとマッチしてます。
聞いてると脳裏に、空を舞うストライクフリーダムのイメージが…

って、あれ?
お、おかしいな…。主人公はシンのハズなのになぁ…。
なんで?いつの間にキラのテーマに…?

まぁ、いっか。
それより楽しみですよ、今日の種デス。

PHASE36「アスラン脱毛」

じゃなかった、「アスラン脱走」。
色んな意味でホント楽しみです。
あ、そのレビューは今晩~月曜日の夜の間にUPします。
お楽しみに。
だから、楽しみにしてる奴なんかいないなんて言わない!
別窓 | SEED関連日記 | コメント:0 | トラックバック:0
PHASE35「混沌の先に」
2005-06-21 Tue 02:21
どうも、球技大会で日焼けしまくって腕の皮が剥がれてきた音虎です。
やっぱり年々紫外線がキツくなってきてる気がします。
…って、これじゃただの高校生日記ですね。早く本題に行かないと。

さて、アスランが既にキラに骨抜きにされていたと判明した今回。(違)
正直ここまでダメ男になっているとは思いませんでした。
次回は「ダメ男脱走」。
騙されやすいし、恋愛に疎いし、正当な理由ナシに殴るし、脱走するし。あと、ハゲてるし。(笑)
いや、能力はあるんですけどね。
最近部下に追い抜かれちゃった感があります。(泣)
ってか、この頃アスランの口から出てくる言葉は「キラ」ばっかで、
「カガリ」っつーのは一度も聞いてないんですが。
あぁ、まるでダメな男、アスラン。
視聴者はともかく、カガリがさっさと見切りつけちゃわないことを祈ります。

じゃ、レビュー始めます。


アークエンジェルはタンホイザーが直撃する前に海中潜行に成功。
だがやはりエンジンなどに損傷を受ける。
どうせなら撃沈したように見せよう、ということで、第二エンジン切り離し後に爆破。

一方、インパルスのエクスカリバーに貫かれたフリーダムはと言うと。
あんなに激しい爆発だったのにも関わらず、何故か胸部現存。
キラも軽く気を失っている程度で、死亡どころか重傷も負っていない
…まぁ誰もキラが死んだなんて思ってなかったわけですが。
でも、あの爆発でそれってないんじゃない?
キノコ雲出てましたよ?どう見てもフリーダムのエンジンの核爆発でしょ、アレ。
もしかしてタンホイザーの陽電子と海水中の電子が反応した結果だと言いたいんですか?監督は。
まぁそれでも、また前作みたいに途中まで死んだように見せかけて、
実はプラントにいました、よりはまだマシだとは思いますが。(苦笑)


コクピットから降りてくるシンを賞賛し、迎えるミネルバクルー達。
真っ先に駆け寄るヴィーノは、今回は抱きつきませんでした。(笑)
「スゴかったよ」とルナマリア。

シン「あぁ、あの最後の笑うトコとか?アレはね、俺もね、すんごい頑張ったのよ、演技。」
ルナマリア「いや、中の人に言ってないんですけど。」

レイはシンと握手し、自分に感謝の意を示すシンに「やり遂げたのはお前だ」と言う。
種デス開始時に比べるとかなりシンとフレンドリーなカンジですが、
これも議長の指示なんでしょうか?議長サイドに取り込む為の。
でも、このすぐ後にありますが、シンが「仇をとった」って言うところで、
レイはクルーゼのことを思い出してるんですよね。
そういう所を見ると、やっぱり感謝に付随してくる友情みたいなモノがあるのかな、と。
まぁ、純粋な、本物の友情とは言えないんですが。

アスランの姿を見つけ、「仇はとりましたよ」と言うシン。

「アナタのもね。」

確かにそうだけど、親友を殺した相手に嬉しそうにこう言われたら怒りますよね。誰でも。

アスラン「キラは!あいつはお前を殺そうとはしなかった!」

それなのにお前はそんな相手を殺して喜んでいる。
その言葉に、
「嬉しかったらいけないんですか」
「本国からの命令です」
とシンとレイが反論。
すると、

アスラン「アイツが討たれなきゃいけない理由なんてない!」
シン「はぁ?」
アスラン「敵じゃないんだ!」

確かに、今は戦争の元凶のロゴスを討つ戦いをしなければならないのに、
アークエンジェルを討つ、というのはおかしい。
だがレイははっきりと言う。「敵です」と。
我々が軍に属する限り、「上」がそうと決めれば、それは我々の敵。
アスランは自分がまだ、先の大戦終盤での立場にいると勘違いしている。
敵と判断すれば討つ。
敵じゃないと判断すれば討たない。
だが今は、FAITHだ自由だと言ったところで所詮は軍人。
軍に属している限り、
本当にしたいコトは出来ない。
本当に見たいモノは見えてこない。


世界で相次ぐ市民の反乱、クーデター。
議長は言う。
「我々は殺し合いたくなどない」
ではこれは「殺し合い」ではないのだろうか?
単純に見れば「国 対 人」だが、国に従事している人達もいる。


めっちゃ無事なキラは、アクビをしながら起床。

キラ「あ~よく寝た。実は戦闘中から眠かったんだよね。」

いや、そこまでピンピンしてません。すみません、この頃ウソ書き過ぎですね。
反省。(嘘←えー)

無事でよかった、と言うカガリに、
「でもフリーダムが…アレを落とされたら…」と言うキラ。
生き残った自分がどれだけスゴいか、まるで解ってませんこの人。
その様子を横で見て、

ネオ「インパルスにやられたって?ざまぁみろ。」

そして、インパルスのパイロットは純粋な奴だ、と。

キラ「それってどういう…(汗)僕が腹黒いって言うんですか?」
ネオ「いや、そんなこと言ってないけど。そうなのか?」
キラ「あ。」

この船は連合と戦ってたかと思えば、今度はザフトと戦ってるし、
自分はどうなるのか分からないし、
大体「むうらふらが」ってのはアンタの何なんだよ、
とネオは言う。
ホント、ネオはこれからどうなるんでしょうね。
まさか最終話までずっと縛られてました、ってワケにもいかないでしょうし。
確か、彼言ってましたよね。「世界はまだ不完全だ」って。
じゃあ彼には彼の目指す世界があったハズ。
その世界とは一体どんなモノなのか。
そしてそれは今後のネオの行動にどのように影響してくるのか。


地球へと向かう議長。

デュランダル「しかし人々の力も凄いものだな。」

やっぱりそれって、国と市民の乖離に成功したことを受けての言葉ですか議長。
エンジェルダウン作戦部隊からの報告。
アークエンジェル討伐の成功か否かは未だ確認出来ず。
フリーダムの破壊は確実。

デュランダル「いや、だが白のクイーンは強敵だ。」

白のキングってやっぱりキラ?
じゃあ黒のクイーンは?タリア?それともミーア?
ってか自分で黒側にしてるし。まぁ深い意味は無いんだろうけど。


ジブラルタルに入港するミネルバ。
何やらタリアは意味深な言葉。
彼女は議長のやり方に疑問をずっと持ってるように見えるんですが、
それが何かの行動に繋がる時が来るんでしょうか?

ルナマリアはいつの間にか傷が全回復。
回復が早いんだか遅いんだか分かんないんですが。
まぁ、キラは多分次回には包帯とか全部取れてピンピンしてると思いますが。(笑)
議長の演説に感動した、とシン。

シン「難しいって言ってたのに。諦めないんだって。」

シンとアスランに出頭命令。
気マズい雰囲気のまま二人が指定された場所に行くと、
そこには二機の新型MSと、いかにも悪役!みたいな笑みを浮かべている議長が。
デスティニーとレジェンド。
君たちの新しい機体だ、という議長の言葉を聞き、
子供の様に喜ぶシン。

シン「こ、これっ…俺っ…私にくれるんですか?!」
デュランダル「あぁ、そうだ。君の為に私が設計…」
シン「じゃあ!マユとかステラの声が聴けたり、寝グセが直せたり出来るんですか?!」
デュランダル「いや…そういうわけではないのだがね…。」

驚きの余り後ずさるアスラン。

アスラン「わ、私にあの変態仮面と同じ機体に乗れとおっしゃるんですか、議長は!」
デュランダル「いや、同じではないよ、アスラン。レジェンドだ。」
アスラン「レジェンド?!伝説?!俺の髪の毛がもはや伝説だとそうおっしゃりたいんですか!?

勘違いしまくりのシンと、
親友を亡くして錯乱しまくりのアスラン。(違)
議長も大変だ。


さぁ、次回。
皆さんお待ちかねの「アスラン脱走」。
議長に悪質なイジメを受けたからなのか。
はたまたミーアの逆セクにいい加減嫌気がさしたからか。
兎にも角にもアスラン脱走。
あと、回想王アスランのことだから総集編っぽくなるかも
そんなわけで種デスのターニングポイントっぽい次回。
乞うご期待!
ってかイザークの登場時間、徐々に増えてきてません?
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:3
PHASE34「悪夢」
2005-06-12 Sun 16:00
どうも、うっかり電車で正露丸臭プンプンのオバ様の横に座ってしまった音虎です。
アレはムリですね。耐えられません。
あと、背広のタン○にゴン臭が激しいオジ様も。

・ここで突然ですがお知らせ
<このブログに気さくにもトラバして下さっている方々へ>
なんだ音虎 破ん治とかいうヤローはトラバも返さねーのか、とお思いでしょうが、
もう少しお待ち下さい。ロクにPCも触れず、携帯から記事をUPしている状況なんです。(泣)
必ず、必ず返しますので。
お許し下さいませ。

遂にキラをシンが倒した今回。
大事件だよ兄さん!>誰
え?むしろあの爆発で生きてるキラの方が大問題
…な、何言ってるんですか。何で生きてるって…。
じゃ、レビューいきま~す。(汗)


議長から示された世界の敵。
そのロゴスに関わりのある者のリストが流される。
その中にはセイランの名も。
カガリは言う。
「関わりの無い国などあるか」と。
それだけ多くの国の裏側に浸透しているロゴスを、敵として示した議長。
ロゴスに関与しているとされた国の高官と、
ロゴスを敵として非難する、その国の民衆。
国と人民の乖離。
国は人無しでは成り立たない。
「それ」が議長の狙いなのだろうか。

放送を受け「オーブが心配」と言うカガリを見て、
「戻りましょう」とキラ。
やっぱりこの艦の決定権はキラが持ってるんですね…。

キラ「今までにない何かが動き出そうとしている」

議長が遂に本格的に動き始めたことに何かを感じ取ったキラ。
だが、そんな彼に議長の影は間近に迫っていた。


多数のザフト軍に襲われるアークエンジェル。
何故?
混乱するアークエンジェルクルー。

ノイマン「どうやら完全に包囲されているようです。」

普通なら絶望的な状況。
それにフリーダムが単独で、あくまでも不殺を貫き立ち向かう。
だがこれでは一斉攻撃には対応しきれない。
「直撃許可を」という馬場。
だがそれに、「討たせるのが目的かもしれない」とキラ。
直接命を奪おうものなら、それこそ相手にこちらを討たせる口実を与えてしまう。


アークエンジェルを討てと指令を受け、やっぱり大騒ぎのアスラン。
「ロゴスを討つのとアークエンジェルは関係ない」と。
いつまでもアークエンジェルを、「かつての」友を討つことに躊躇し続けるアスラン。
そんな彼にタリアは言い聞かせる。
「時と共に状況も人も変わる。あなただって変わったんでしょう?ちゃんと今を見て!」

自分は既にザフト軍に戻っているというのに。
彼らとはもう違うトコロに来てしまったというのに。
アスランはザフトに、いるべき場所を見つけられない。


エンジェルダウン作戦に加わるミネルバ。
ジャミング弾発射の後、ミサイルを浴びせるミネルバ。
だが名手ノイマンは山岳地形を利用しやり過ごす。
するとなんと前方の山陰からミネルバが。
至近距離で放たれるトリスタン。
マリューまでもがダメだ、と思った瞬間、
ノイマンは艦を右側に90°回転させ、砲撃、衝突を回避する。
今回の影の主役ですよノイマンは。
360°バレルロール程じゃないけど、相変わらずスゴいです。
ホントこれからの時代、一艦に一人アーノルド・ノイマンですね。(笑)

だが、アークエンジェルの反撃はミネルバに当たらない。
いや、当たらないのではない、当てようとしないのだ。
タリアはその一貫した志に感心したのか、国際救難チャンネルを通し、
投降すれば船員の命は保証すると呼び掛ける。
命令は撃破なのにも関わらず。

だがその呼び掛けには応じられない。

キラ「カガリをオーブへ。それを第一に。」

確かに、アノ議長のことだからね、命の保証なんか有って無いようなモンだもんね。
…ん?でもオーブに戻って何する気なんだろ?
戻れば国家元首をさらった犯罪者じゃなかったっけ。


アークエンジェルへの攻撃もいよいよ激化し、フリーダムは援護に向かおうとする。
が、その行く手にインパルスが立ちはだかる。

シン「逃げるな!」
キラ「くそっ、アークエンジェル!」
アスラン「シンよせ!キラ!」

…ん?なんか最後の方に雑音が>酷

フリーダムは仕方なく応戦するが、その正確無比な射撃をインパルスは次々とかわしていく。
シンの頭の中にはレイの言葉が蘇る。
「フリーダムは絶対にコクピットを狙わない」
狙うとすれば、メインカメラや武装の集中する箇所だけ。
そこにさえ気を付けていれば。

インパルスはシールドをフリーダムに向かって投げ、それを撃つ。
その跳弾がフリーダムの左肩をかすめる。

負けじとフリーダムもインパルスの頭部を斬り落とすが、
直後、コアスプレンダー、チェストフライヤー、フォースシルエットが分離。
他を犠牲にしながら、コアスプレンダーがフリーダムに突撃。
吹っ飛ばされるフリーダム。
その後すぐに、呼び出しておいた新しいチェストフライヤー、フォースシルエットと合体。

シン「あんたがステラを殺した!止めようとしたのに!」

フリーダムはコクピットの下を狙うが、チェストフライヤーとレッグフライヤーが分離。
振られたビームサーベルが虚しく空を斬る。

シンはミネルバにソードシルエットの射出を要請。
シルエットを交換するかと思いきや、そのままの状態でビームブーメランを使用。
フリーダムは吹っ飛ばされる。


一方、アークエンジェルはもう少しで海に到達しようとしていた。
潜ってしまえば。
潜らせてしまったら。
ミネルバはアークエンジェルが海に潜ってしまう前にとタンホイザーを発射。
放たれた陽電子の流れはアークエンジェルへと伸び、水面で大爆発を起こす。

直後、インパルスの対艦刀にフリーダムは貫かれ、核爆発を起こし、爆散。

シン「やった。ステラ…やっとこれで…!…ははは…。」

壊れたように笑いながらも、何故か涙を流すシン。

殺したから殺されて。殺されたから殺して。
その終わり無き連鎖に巻き込まれているシン。
きっとそれこそがこの世の「悪夢」。

いや、むしろ討たれても伐たれても生き返るキラの方が悪夢かも。
いや、まだそうと決まったワケじゃないですからね。(汗)

シン「これでようやく俺も完全に主人公だ!やったよ、ステラ…!」

アスラン「キラぁ~!!
      …なぁ、嘘だろ?またどっかで逢えるんだよな?キラ…。
      『やぁ、久し振り、アスラン。』って。他人の婚約者横取りして。」


さぁ次回、フリーダムを討ったシンはご褒美にデスティニーを手に入れるのか?
アークエンジェルは無事なのか?
ってか縛られたままで放置されてたネオはかまってもらえるのか?
乞うご期待!
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:2 | トラックバック:4
PHASE33「示される世界」
2005-06-07 Tue 16:42
どうも、この頃は毎週模試がある音虎です。
塾と学校は共謀して私を殺そうとしているに違いありません。
でも、模試ってお金かかってるんですよね…。
…なら受けるしかないじゃないか!(泣)

じゃ、下らないコト言ってないで、とっととレビューいきまーす。


降りしきる雪。
湖岸にたたずむインパルス。
亡骸を抱きかかえるシン。

シン「もう何も君を怖がらせたりしないから。誰もいじめに来たりしないから。」

だから。

おやすみ。

シンはそう言って、ステラを湖面に浮かべる。

ステラにようやく訪れた永遠の安らぎ。
だが、それは二人の永遠の別れも意味する。

シン「守るって…俺、守るって言ったのに…ゴメン…ステラ…。」

ステラを守れなかった自分を呪い、ステラを討った者を呪う。
だが、寒く暗い湖底に沈みゆくステラは、その謝罪の言葉にはもう応えられない。

積もる雪は体を冷やしても、瞳の中の怒りの炎は消せない。

はい、TVの前の聡明な皆さんはここまで見ても何の疑問もありませんよね?
え?「何で人の体が水に沈むんだ」って?
それは、ステラはそれだけ、死んでもなお許されることのない重い罪を背負ってるから
ってコトなんじゃないかな。(うまいこと言った)


ベルリンで民衆の救助にあたるプラント軍。
その様子を艦内から見守るタリア、アーサーと、艦外で見守るアスラン。
どーでもいーけど寒くないんですかアスラン
と思ってたらやっぱりそうだったみたいで、
早々に引き上げて、何を思ったか今度はシンとレイの部屋に入るアスラン。
一体何しに行くんですかアスラン。
まさか復讐に燃えているシンで温まろう、なぁんて冗談みたいな理由じゃないですよねアスラン。

PCをいじっているシンを見て、アスランが「何をやってるんだ?」と覗き込むと、
画面には今までのフリーダムの戦闘記録が。

シン「俺の知ってる限り、今モビルスーツで一番強いのはコイツです。」

だからコレを相手としてシミュレートしている、とシン。
いけないんですか?
何時敵として戦うか分からないんだから。
まるっきりワケの分かんないヤツなんだから。
そう言われてアスランは言い返す。

アスラン「キラは敵じゃない!」

…アスラン。まるで根拠がありませんよ。
そんなアスランに今度はレイが言い返す。

レイ「ハイネはアレのせいでやられました。あなただってアレにやられたんでしょう?」

かつては共に戦ったとはいえ、今のアスランはザフト軍兵士。
キラが同じザフト軍兵士でない限り、上が敵と見なせばそれは敵以外の何者でもない。

そしてトドメは、「アスランからも何かアドバイスを」と言うレイに、

シン「負けの経験なんて参考にならない。」

と一蹴。
流石にカチンときたアスランは「何だと!?」とくってかかるが今度は、

レイ「すみませんアスラン。シンには私から言っておきますので。」

と強制終了。
この棒読み感がすごく効果的でした。

「フリーダムは必ず俺が倒す」
その言葉が早くも実現しそうな次回。
シンがフリーダムを倒して得るものとは。

その様子から、シンを応援している様に見えるレイ。
それは何か考えがあってのことなのだろうか?

後輩二人にイジメられたアスラン。
ますます脱毛速度が加速しそうなので(笑)、取り敢えず気分転換にMSデッキへ。
ぼんやり「あーヴィーノとか全然セイバー修理する気ないなー」とか、
「議長ってムダに毛量多いなーいいなー」なんて考えてたら、

ルナマリア「どうしたんですか、こんな所で。」

唯一アスランの味方(っぽい)ルナマリア登場。

アスラン「いや、何時になったらセイバーは直してもらえるのかなってね。」
ルナマリア「アタシもですよ~。ほんっと、何時になったら直してくれるんだか。
        まぁ、次はインパルスに乗らされるみたいですけど。」
アスラン「あぁ、そうらしいな。(俺もそろそろ乗り換えだったよな…。
      なんだっけ…ナイト…ジャスティスだったかな、確か…。)」

「一部の媒体」(笑)で異なる名称が発表されたため、まだ混乱しているアスラン。
誰か早く最新の状態にアップデートしてあげて下さい。

「シンはスーパーエースだからって何でも許されてる」とルナマリア。
そして「私はもっとアスランに頑張って欲しい」と。
しかもドサクサに紛れて「好き」って告白してます。(わーわー)
でも、これって「らぶ」の意味なんでしょうか?
それとも「らいく」の意味なんでしょうか?
うーん。ちょっと分からないです。

でも、告られてる当の本人は「権限も力もあるのに」と言われて考え中。
ニブいなーアスラン。(他人のコト言えるんかい)
イザークが羨ましがるだろうに。
まさか「そうか、俺ってFAITHだったんだ!」じゃないですよねアスラン。


一方、ネオを保護したアークエンジェル。
なんと彼のフィジカルデータが「この船にあったもの」と一致。

改めて今一度問いましょう。
あの状態からどうして生還出来たのですか?
エマージェンシーシャッターに続いて、
陽電子リフレクターまでもがストライクのコクピットに備えられていたのですか?
それともやはり「不可能を可能にする」男だからですか?

マードックが、要するに少佐なんだろ、と言うと、

ネオ「やれやれ。捕虜だからって勝手に降格させるなよ。」

とロアノーク大佐起床。
余りにも口調がムウそのものなので驚くマリュー。

ネオ「なんだよ?一目惚れでもした?美人さん。」

耐えきれずに、その場から逃げる様に立ち去るマリュー。

生きていてくれたことは嬉しい。
でも記憶が無いのなら。
自分のコトを忘れてしまっているのなら。
ならば「あの」ムウは死んでしまったも同然ではないか!

一応ムウの様だが、記憶が違っている、と結論を出すマードックとキラ。

ってゆーか、前回で余りにも謎過ぎて放置してたんです。

キラ「あのウィンダム、なんでっ…?!」

えぇっ?一体何を、何を感じたっていうんだ、キラ!な感じだったんですが。
今回見てて、
対デストロイ戦であの場にいた皆のチャンネルが、開きっぱなしだったのかなーって。
で、キラはネオの声を聞いて、「ムウさん?!」みたいな。
まさか「あのウィンダム、なんでっ…なんで紫色なんだ!まさかムウさん?!
でもないだろうし。
だからキラはエスパーなんかじゃないんですよ。多分。(汗)


デュランダル、全世界放送で生出演。
ついでにミーアも生出演。
エターナルにまた殺気がたちこめてます。(汗)
それを見て、止めろとわめくジブリール。アホに見えます

対デストロイ戦の映像が流されるが、そこには映っているはずのフリーダムの姿は無い。
いやぁ、戦時下における情報操作ってホント怖いですね。
フリーダムが倒してくれた、となれば、再びそれが英雄視されることになって、
議長にとってそれは計画の妨げになる。

キラ「ってゆーか僕の活躍を無かったことにするなんて…。あんなに頑張ったのに…」

そして遂に議長は、戦乱を意図的に起こしている者達の存在を明かす。
敵を作り上げ、武器を与え、己の利益の為に戦乱を起こす。

死の商人ロゴス

実際、忌み嫌い、化け物とまで称するコーディネーターさえ、彼ら自身が作ったという。

議長の名を叫び、立ち上がる民衆。
穏やかな表情の他のミネルバクルーとは異なり、驚きの色を隠せないアスラン。
苦虫を噛み潰した様な表情のアークエンジェルクルーと、
「必ずや葬って差し上げますわ…」と不敵な笑みを浮かべるラクス。


今回ちょこっと出て来たイザーク達が霞んでしまうような次回。
頭の中はステラでいっぱいのネオは一体どうなるのか。
アスランはやっぱり「キラぁ~!!」と叫ぶのか。
乞うご期待!
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。