かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
PHASE32「ステラ」
2005-05-30 Mon 22:06
どうも、知らない人が自分のことを噂してると知って、少し怯えている音虎 破ん治です。

すみません、少し記事を書くのが遅れました。
勿論、毎週ここの記事を楽しみにしてる奴なんかいない、なんてツッコミはナシの方向で。

ファントムペインがほぼ全滅した今回。
スティングなんか、ムラサメ×3にやられました。
「MSの性能の差で強さが決まるワケじゃねぇ!」という言葉通りに。(笑)
しかも死ぬ直前の描写は一切ナシ。
アウルよりもヒドい扱いでした。
…まぁ今回は駆け足だったからね、全体的に。うん、しょうがないね。>えー

じゃ、レビュー行きま~す。


ベルリンで大暴れのデストロイ。
それを見て、ふふふふふ、ははははは!と大笑いのジブリール。
遂にイカレました>違
流石のロゴスのおじいちゃん達もドン引き

おじいちゃん「あの~いったいどこまでやられるんですか?(汗)」
ジブリール「そこにザフトがいる限りですよ。」

珍しく作戦がうまくいってるので調子に乗るジブリール。
が、笑い過ぎてジブリールがアゴを外す前に、遠方からのプラズマビームがデストロイを襲う。

ジブリール&ステラ「何!?」

颯爽と天から飛来するフリーダム。
シン、またオイシイ所持ってかれてるよ。(泣)

キラ「なんて大きさだ!こんなっ…
    こんなのを倒せるのは、宇宙で僕ぐらいしかっ…!ですよねマリューさん?!」
マリュー「あーハイハイ。そうね。キラ君だけよ。だからお願いするわ。(溜め息)」

とゆーワケで、久し振りの強敵の出現に、ヤル気マンマンなキラ。
デストロイが放った無数のビームをビームサーベルで跳ね返す。
シールド、せっかくあるのに使わないんだね…。まぁそっちの方がカッコイイけど。

ソイツはフリーダムだ、気をつけろ、と忠告するネオに、

ステラ「なんだろうと、私はぁー!」

と、MA形態からMS形態へと変形。
…って、する必要あるのか。あんまり変わってないんですけど。

カオスと紫ウィンダムが襲いかかり、なかなかデストロイに近づけないフリーダム。
そこへ、カガリと共に出撃したオーブ兵達が、
「キラ様!ここは我らが!」
と、カオスを引き受ける。アッサリやられるかと思いきや、意外に大活躍。
っていうか、完璧に「キラ様」呼ばわり。まぁ、当たり前と言えばそうなんだけど。
一方、逃げ遅れた一般市民の盾となるカガリ。
今回はとてもいい仕事してます。彼女。
一瞬「私も出る」って言った時は、ただ的になるだけじゃないかと心配したけど。


プラント評議会は緊急に会議を行い、ベルリンへ向かっているミネルバに応戦させることにする。

で向かってみると、既に先客が。

タリア「さすが正義の味方の大天使ね。」

思わず敗け惜しみ言ってます。ミネルバも「足」自慢なのにねぇ。(黒笑)

ということで、遅ればせながら、司令部に期待されているシンが出撃。
やむを得ずフリーダムと共闘することに。
フリーダムが紫ウィンダムと闘ってる間に、
デストロイにあっという間に接近し、ビームサーベルでコクピットを一払い。

シン「なんでそんなに殺したいんだ!」

このままトドメを刺すかと思われたが、

ネオ「アレに乗っているのはステラだぞ!」

とネオが必死に止めにかかる。
驚いてコクピットの裂け目をズームアップすると、
そこには確かにパイロットスーツに身を包んだステラの姿が。
都合よくコクピットが壊れるケース第二弾。(笑)

驚きと憤り、そして悲しみの余り呆然とするシン。

何故?!どうして彼女が再び戦場に?!あの…あの約束は?!

「何をやっている?!的になりたいのか!?」というフリーダムからの声で我に返るシン。
だが相手がステラだと分かった以上、手は出せない。
というより、既に「君を守る」スイッチが入りかけてます。

ネオも、デストロイに迫るフリーダムを必死に止めようとする。
キラはアークエンジェルにパイロットの保護を頼み、MSを破壊。
いや、あの高さから落ちたらまず命はないでしょ、なんてツッコミ入れてたら、
なんと生きてる模様。…流石…ローエングリンに耐えただけあるというか…。(苦笑)

一方、スティングは撤退しようとしたところを、「逃がさん!」とビームサーベルで真っ二つ。
本当にあっけない最期でした。取り敢えず合掌。


相変わらずデストロイを目の前にして動けないシン。
それを見てタリアは、「シン、どうしたの?!何やってるの?!」と苛立ち、
フリーダムはレールガンでコクピットの裂け目を狙う。
それを見たシンは、「何も知らないクセに!」と、今度はフリーダムに刃を向け、
そして、ネオ(とスティング)を守れなかった悔やみ、悲しみ、
自分自身の死への恐怖で暴走するステラに、
「君は死なない!君はっ…君は俺が守るからっ!」と叫ぶ。
ステラもシンの必死の呼び掛けに反応し、再び記憶を取り戻す。

…えー…っと?これは何と言えばよろしいんでしょうか。
飛んでます。飛んでますねぇ。全裸で。
死んでもないのにフレイ姉さんみたいに
…ま、まぁ、二人は通じ合った、ってこと…なんですよね?>聞くな

だが、それも束の間の時間。
ステラの視界に現れるフリーダム。それは、

ネオを殺したコワイモノ。

自ら発したブロックワードにより、「記憶」と「恐怖」が蘇ったステラ。
今となっては、彼女の目にはフリーダムは恐怖の対象にしか映らない。

怯え、再び暴走を始めるステラ。

シン「やめるんだ、ステラ!」
キラ「もうやめろ!」

同じ様に叫ぶ二人。
だが、そのそれぞれの意味は異なる。
シンはステラに対して。
キラは再び破壊を始めようとする兵器に対して。

デストロイの胸部の、臨界に達したプラズマビーム砲口に突き立てられるビームサーベル。
シンの叫びの中、デストロイは爆発し、崩れていく。

シンはまた大事な人を亡くしてしまった。
あんなことには二度とならないようにと、力を手に入れた今なのに。

ステラ「…シン…会いに来た…?…ステラ…守る…って…。
    シン…好き…」

次回、シンは丑三つ時にフリーダムの1/144モデルを木に釘で打ちつけ、復讐を誓うのか?!
(色んな意味で怖っ)
乞うご期待!
スポンサーサイト
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:4
2005年4月のアクセス解析結果
2005-05-29 Sun 17:04
えーこの度、当ブログ、「SEED DESTINY シン・アスカを陰ながら見守るレビュー!」への
アクセスも段々と増えて参りましたので、こんな企画を始動しました。(もう5月も終わりなのに・・・。)
名付けてっ

「アクセス解析結果」!!(そのまんま)

当ブログ、これまたFC2のアクセス解析を利用させてもらってるんですが、
その結果を確認&公表することで、
「ここには一体どんな人達が来てるんだろ?」や、
「ここにはどんな内容の記事があるんだろ?」
という(主に管理人の)疑問を解決していく、という企画です。


・トータル&ユニークアクセス

まずは説明から。
トータルアクセスとは、重複を含め、単純にアクセス数だけをカウントしたもので、
ユニークアクセスとは、重複を含めずにカウントした、…えーと、何て言ったらいいんだろ。
まぁ、つまりは何種類の人間が訪問したかが分かるんですね。
では発表。

トータルアクセス:2296
ユニークアクセス:1292

おぉ。ざっと計算して一人当たり約二回ずつ訪問してることになりますね。
結構色んな人に来て頂いてますね。


・国

えーと、そのまんまです。
つまりはどこの国からいらっしゃったのか。
当然日本だけでしょと思ってたら、

1 日本 1035
2 ネットワーク組織 190
3 米国営利組織 11
4 フランス 1
5 タイ 1
6 北米4年制大学 1
7 米軍 1
8 その他 4

どーゆーことですかコレ。(誰に聞いてるんだ)
ネットワーク組織とか米国営利組織とかはまぁいいとして、
フランス?!タイ?!北米4年制大学?!米軍?!
意味が分かりません。
フランスやタイはまだいいんです。偶然迷い込んでしまった可能性がありますから。日本の方が遠くからいらっしゃってるのかもしれないし。
北米4年制大学も謎だけど、「米軍」ですよ。問題は。
「米軍」。
なんかマズイこと書いたかな。(滝汗)
まぁ、問題ないとは思うんですが、馬鹿なんでそっち方向の話はよく分からないんですよ。あはは。


・都道府県

これもそのまんまです。
一体何処の都道府県から来て頂いてるのか。

1 東京都 63
2 神奈川県 49
3 愛知県 27
4 大分県 20
5 大阪府 18

やはり日本の首都。横浜も(人口が)日本第二の都市だし。
あとは愛・地球博効果(え?)だね。
うーん。Best3には関西、入らなかったなぁ。
…これからは関西弁で書くのやめよ~っと。


・サーチワード

最後にコレ。コレを見れば皆さんがこのブログの何が印象に残り、何を期待して来て頂いてるのかが一目瞭然です。(ホントか?)

1 スーパープロヴィデンス 22
2 僕達の行方 歌詞 18
3 僕達の行方 10
4 マユ・アスカ 10
5 シン  ルナ  8

な、なんと「スーパープロヴィデンス」が1stに!
ED見て皆さんもそう思われたんでしょうね。
マユ・アスカが4thってのもどうかと思いますが。

<番外編> 注)プライバシーを考慮し、複数人による検索ワードのみを載せました。
8 アスラン ヘタレ
やっぱり皆さんそう思われてるんですね。
17 キラ 最低
…そうですか。
23 キラが主人公
やっぱりそう見えても仕方ないかも。
29 キラ×ラクス←ミーア
…え?ミーアが割り込むんですか?遂にミーアもアスランに見切りをつけたんですか?
34 ルナマリア パンツ レビュー
そんな破廉恥なレビューは書いてません。(滝汗)
43 ヘタレ アスラン
やっぱり(以下略)
51 種死 レビュー 天使湯
天使湯も印象深いネタの一つですよね。(苦笑)

後は「キラ様」とか「キラ 神」とか「ステラ 白目」とか「イザーク」とか。
イザークで何故Hitしたんだろ…。


と、まぁこんな感じでいこうと思います。
ここへ訪問された方々の参考になれば幸いです。

あぁ、もうちょっとしたら5月の分作らなきゃ…。
別窓 | アクセス解析結果 | コメント:0 | トラックバック:0
PHASE31「明けない夜」
2005-05-22 Sun 21:03
どうも、この頃ムダにシャワーシーン多くない?と思った音虎です。
え?いつも通り?
…まぁ…そうですけどね…。種デスの場合は。
シンが主人公扱いされない「いつも通り」は、この頃マシみたいですけどね。

では、「いつも通り」が全然安心出来ない、そんな種デスのレビューいきま~す。


「捕虜の無断解放」
「クルーへの危害」
「機体の無断発進」
「敵軍との接触」
の罪を犯したとタリアから責められるシン。
よくよく考えてみたら、危害は加えてなかったね。キラは。
でも二人は同じように銃殺刑。
ここから導き出される答えは、

「クルーへの危害は別に大した罪じゃない」
or
「レディの寝室への侵入は大罪」

後者ですね。絶対後者。
むしろそれだけで銃殺刑
皆さんもお気をつけ下さいませ。(ニッコリ)>オイ


それでもシンには後悔も罪の意識もない。

もう少しで死ぬところだった。
あんなに死を怖がっていた彼女が。
助けて何が悪い?
彼女を生み出した連合も悪いが、人間扱いしない艦長達も悪い。

さらに営倉に入れられた後、アスランに対して。

ステラだって被害者なんだ。なのに皆は。
ステラは望んでああなったわけじゃない。
本当なら、あんな性格の彼女が戦場にいるはずがないのだから。

シンはあくまでも、被害者を救って何が悪い、生死がかかってたんだ、と主張。

それに対してアスランは、

彼女に討たれた仲間だって沢山いる。
彼女を帰すべきではなかった。
自らの意志で戦っているのではないということは、
自らの意志で戦いをやめることも出来ない、ということなのだから。

アスランはやはり帰すべきではなかった、と主張。

そして最後には、

アスラン「だから自分のやったことは間違ってない、とでも言いたいのか、君は!」

…正直に言っていいですか?
飽きました。この会話。
結局シンとアスランの会話はいつまでも平行線をたどり、
最後は正しいか正しくないか。
いつもこんな感じ。

でも、少なくともこの「人を助ける」ということについては、
こっちが正しい、なんて無いと思うんですよね。
だって、やる事がそれぞれ違ってても、それはちゃんと「助けたい」と思ってやったことだから。

どちらも正しいし、どちらも間違ってる。
連合に帰せば、死にかけてる状態からは回避出来る。
でも、「優しい世界」へ帰すことを他人に委託してしまった。
連合に帰さなければ、望まない戦場からは遠いところに行ける。
でも、死は確実に迫って来るし、生き延びても平穏な日々は望めない。

ただ、「助けたい対象」以外のことを考慮に入れれば、話は違ってくる。

結果から言えば、シンは連合にデストロイに適正なパイロットを返し、その結果三都市が壊滅した。

もう過去には戻れない。

レイ「ただ祈って明日を待つだけだ。俺達は皆。」


仮面を外し、シャワーを浴びるネオ。

あっ、仮面外してる。中身は?顔はどうなってるの?あぁもぅ、見えそうで見えない~
なぁんて思うわけねぇんだよ!(ブチ切れ)
あれだけOPで流してればね、そうなるよ。
むしろ軍服の下がもうすでに素肌、ってところにビビりましたから。


スカンジナビア公国へと向かうアークエンジェル。
…ん?既に「お世話になってる」って言ってなかったっけ?
何で今更…。離れた所でどうやってお世話になってたんでしょうか。


「時がくるまで待ってくれ」とカガリ。
いや、もうPHASE31なんですよ、カガリ様。
あんまり待てないんだよね。実際。


外を見て「寒そ~。」とミリアリア。
ディアッカの心も、こんなカンジだと思うよ?(笑)

チャンドラ(多分>え?)「だからアークエンジェルには温泉があるんだよ。」
ミリアリア「えぇーっ?!」

何の真似ですか、これは
自虐ネタですか?
まぁ、自虐ネタにでもしないと笑えないもんね、うん。
…ん?あの大勢のオーブの人達も入るのかな。
なら、「あの構造」をどーにかした方がいいと思うんですけど。


仕事をサボって悩むキラ。(笑)
そこへマリューさん登場。
怒るのかと思いきや、「いいのよ」。…甘過ぎやしませんか?

「何故またアスランと争わなければならないのか」、とキラ。
あれだけ気持ちいい位にメッタ斬りにしといて、それはないでしょ…。

キラ「僕達が間違ってるんですか。
    アスランの言う通り、議長はいい人で、ラクスが襲われたのも何かの間違いで。」

一見迷いの無さそうなキラも人並みに悩んでたんだな、と少し安心。

その問いに、世界のことは分からないけど、みんな大事な人達を守ろうとしているだけで、
そのうちまた手を取り合える日が来る、と答えるマリュー。

マリュー「キラ君だって、一応覚悟してたんでしょ?彼を撃つことになるかもしれないって。」
キラ「はい…。でも…。
    僕、アスランのMSをダルマみたいにしたじゃないですか。
    帰艦したら、カガリに話しかけられたんですよ。
    カガリ怒ってるだろうな、と思って『ゴメン』って言ったら、
    『いや、いいんだ、気にしなくて。私も、あんな奴のことなんか気にしてないから。』
    って、サラッと言ったんですよ。カガリ。
    そしたらなんか、すっごくアスランが可哀想に思えてきて。」


遂に投入されたデストロイ。
あの巨体で飛ぶわ、背中の砲門からはプラズマビームが飛ぶわ、陽電子リフレクター装備してるわ、背中の甲羅がビームを曲げて、それ自身からは全方位に向けてビームが出るわ、腕が飛んで指からビームが出て、これ自身にもリフレクター装備してるわ。

唖然とするネオ、スティング、アークエンジェルのクルー。

大変だよ、シン、
「司令部の中にも俺のことを理解してくれる人がいたみたいですね。」
なんてアスランに喧嘩売ってる場合じゃないよ!

ステラ「やっつけなきゃ、怖いものは、全部!」
いや、あんたが一番コワいですから!

次週、デストロイがフリーダム、インパルスに襲いかかる!!
乞うご期待!
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:4
PHASE30「刹那の夢」
2005-05-15 Sun 18:30
シンがしっかり主人公してた今回。
シンを応援してる者としてホント嬉し…
え?本当に応援してるのかって?
してますしてます。シンが出るだけで大歓喜ですよ?

えー、(咳払い)ではレビューをば。


メインエンジンは無事なものの、あちこち被害を受けたので、ちょっと一休みなミネルバ。

タリア「毎度毎度、後味悪いわね、負けたわけでもないのに。」

先週、殆ど前作の総集編だったし、議長と自分の過去も流れたし。
どーりで後味悪いわけだ。(苦笑)
しかもシャワーシーンやらされるし。
もー踏んだり蹴ったり。


大破したセイバーの修理にお手上げのヨウラン、ヴィーノはメイリンとおしゃべり。
そこへ、

メイリン「あ、お姉ちゃん!大丈夫?」
ルナマリア「『大丈夫?』じゃないわよ!」

と、大丈夫そうな(笑)ルナマリアが登場。
自分がケガしてるのに、アスランは大丈夫かと尋ねるルナマリア。
…あ、やっぱ呼び捨てなんだ。
なんか変なトコでハイネの影響が
ケガとかは全然大丈夫、とヴィーノは答える。

でも多分、ルナマリアが心配してることはそんなことじゃない。

あの会話を聴いたから。
アスランが悩むわけを知っているから。

そこへ、今や完璧エース(笑)のシンがやって来たので、ルナマリアが同様の質問をすると、

シン「どうせ部屋の中で沈んでるんじゃないの?

更に、
あんまり強くないよな、あの人。
あれで何でFAITHになれたんだか。
昔は強かった、ってヤツ?
ってゆーか、生え際ヤバいよな。

と、きつ~いお言葉。>なんか違
確かに、キラキラ言ってただけで、殆どなぁ~んにもしてないアスラン。
シンが怒るのも無理ないかも。


で、そのヘタレアスランはと言うと、>誰も言ってないって
部屋で悩んでばかりいても駄目だ、と、外でお悩み中。(爆)

アスラン「何故だ、キラ…何故自爆させてくれなかったんだ…」>違

そこへシンがやって来る。

シン「自爆だとかハゲだとか、そんなくだらないことで悩んでるなんて、
    人間小さいですねますますハゲますよ。」
アスラン「何だと!?シン、ちょっとそこに座れ。いいか、俺はハゲてない断じてハゲてない。」
シン「悪いのは全部地球軍なんだ!アンタだって、それを討つ為にザフトに戻ったんでしょう!?」
アスラン「…!!(っていうか完全無視かよ!)」

あくまでつらく当たるシン。>ってか全然違う

シンはアスランの強さだけは認めていた。
だからこそ、何も出来ない今のアスランが許せない。
出来る力を持っているのに、何もしようとしないのなら尚更許せない。

だが、そんなシンも、容態がどんどん悪化していくステラを側で見守るしか出来ない。

「俺が守るから」。
なのに何もしてやれない。
確実に弱っていくステラをただ見ているしか出来ない。

それでも、プラント本国へ連れて行けばなんとか助かる、
そう思っていたシンは偶然タリアと医者の会話を聞いてしまう。

このままではもたないだが死んだサンプルなどあの研究所にあるなんとか生きたままで本国へ生きたエクステンデッドが必要だ


その夜遅く、シンは医務室からステラをベッドごと連れ出す。
えー、看護士さん殴って気絶させてますね、シン。
…まぁ、好きな女のコの為なら仕方ない、ということで。>えー

シン「俺は、約束は守るさ。」

しかし、エレベーターに載せる際に、あっさり見つかり銃を向けられ大ピンチ。
が、そこに救世主レイが現れ、あっという間に兵士を倒す。

レイ「返すのか。」
シン「あぁ。」
レイ「お前は帰ってくるんだな。」
シン「当たり前だ!」
レイ「なら急げ、ゲートは俺が開けてやる。」

普段喋らないだけに、短くシンの意志を問う言葉にはレイの思いが凝縮されている。

前作でキラとサイの間にも同じようなやり取りがあったけど、
サイの場合は不安に駆られて聞いた。
レイの場合はあくまでも確認。

信じているから。

「どんな命でも、生きられるのなら生きたいだろう。」

「生」にこだわるレイ。彼の見つめる先、その言葉の奥にある真意は如何に。

レイによって開けられるゲート。

レイ「あーあー、コアスプレンダー、発進どうぞ!
シン「えぇっ?!」
レイ「いや、一度言ってみたくてな。」
シン「そ、そう…。」

お茶目なレイもいいよね。
…って、嘘ですよ~。
駄目だ、今回ウソセリフが無駄に多いよ。(汗)


発進するインパルスと拘束されるレイ。
だが、レイは「シンは必ず戻って来る」と言い張る。
「今回は『あの人』の指示ではない」とも。
『あの人』とはやはり…?

地球軍へ、『ネオ』一人でステラを迎えに来てくれ、と通信をよこすシン。

いつも苦しい時、ステラが口にしていた名前。
自分の名前よりも先に、ステラが口にした名前。
きっとステラの一番はソイツなんだろう。

指定した場所に向かってくる一機のMS。
何時かの戦闘で、唯一堕とせなかったウィンダム。
コクピットから降りてきた仮面の男にステラを引き渡すシン。

シン「死なせたくないから返すんだ。だから絶対に約束してくれ。
    戦争とかMSとか、そんな死ぬような所とは絶対遠い、
    優しくて暖かい世界に彼女を返すって!」

シンの、ステラへの想いが詰まった言葉。
でもシンはまだ知らないのかもしれない。
ステラには、初めから「優しくて暖かい世界」なんて無かったことを。
だからネオの「約束、するよ。」という言葉はとても軽い。
ネオだってそのことを願って止まないはずだけれども。

コクピットに戻ったシンは独り、涙を拭う。

シン「うぅ、俺今回、すっげぇ主人公してたよ…。(感涙)」>違

ステラはおそらく、再び戦場に戻ることになるだろう。
でも、少しだけ戦いとは関係ない所にステラは居られた。
戦いのすぐ横だったけれども。

そんな、刹那の夢が終わった。





…えーっと、シンが主人公のままで終わりたかったんですが、
残念ながら今回もヤツが出てました

キラ「っていうかさ、ヒドいよね。みんな『先週いっぱい出てた』って言うけどさ、
    回想だよ?新作カット無しだよ?なのに今回ちょっと出ただけで『邪魔』って言われるんだよ?
    僕だってちょっとぐらい目立ちたいよ。」

以上、前回、シンの名がEDのスタッフロールから消えてたのを知らないキラの発言でした。

それにしてもアークエンジェルの主導権を完璧握ってるね、キラは。
ま、それはともかく、アークエンジェルに戦力が加わり、更に凶悪に。(笑)

キラ「僕達も戦い続けるから本当はダメなのかもしれない。」
でも、一度銃を手にしてしまった僕達だから。

次回、遂にあのMSが登場!
乞うご期待!
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:4 | トラックバック:3
PHASE29「FATES」
2005-05-08 Sun 01:39
どうも~。今回の種デス見てて、「あれ?チャンネル間違えたかな?」と焦った音虎です。
だって、今日はあの時間は代わりにメロドラマやるて、聞いてへんかってんもん。(何故に関西弁)

「私、子供が欲しいの…。だから…」

「(爆笑)さすが、メロドラマは福田(妻)のお家芸だな!

はい、では冗談は置いといて、レビュー行きます。


若かりし頃のギルバートとタリアの淡く、叶うことのない恋。
クルーゼとデュランダル、クルーゼとレイのただならぬ関係。
そして振り返られる、キラ、アスラン、ラクス、シンがそれぞれ歩んできた道。

はい、しゅ~りょ~。

え?ダメ?だって実際これだけでしょ?

ん~じゃあ気を取り直して。


人はもがき、苦しみながら、己の前の道をただ歩むしかない、とクルーゼ。

その先に望むものが無いとしても。

選ばなかった道こそが正しかったのではないか、とデュランダル。

ならばどうする?その道が正しいとして、時よ戻れと願うか?

時が還らぬのならば、私がそれらに、新たに正しき道への始まりを与えればいい。

ラクスがクーデターを起こし、プラントに戻らぬのなら、
その代わりとなる新しい彼女を。

民間人のキラが戦争を止める程の力を持ったのなら、
その者に存在の無、つまり死を。

英雄であるアスランがプラントを離れ、ラクスと別れ、オーブにいるのなら、
オーブに居られなくなる力と「ラクス」を彼に与え、再び彼を英雄の座に。

シンが力を持たない故に大切なモノを守れなかったのなら、
彼の望みが叶う充分な力を彼に。

中途半端に妥協し合い保たれる平和が訪れてしまったなら、
今度こそ決着がつくよう、今一度の戦乱を世に。

こんな感じかな、黒議長の頭の中は。
いや、大部分は間違ってると思うけど、なにしろまだはっきり分からないので。

まぁそれよりも大変な事態が発生。
クルーゼが他人に優しいよ?!
クルーゼが他人に優しい時って、絶対良からぬコト考えてるよね、絶対!
あの様子から、レイがクルーゼと密接な関係であるのは確実。
クルーゼは何を考え、彼の傍にいたのか。そして彼に何を託したのか。

ってか、ニコル殺し過ぎ。(笑)
何回死んだんだろ。
誰か数えた人いないかな。

で、最後になるけど、
タリアの子供はどうなったの?すっごく知りたい。

次回、シンがとんでもない行動に!!
乞うご期待!
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:3
マジで改名しちゃった
2005-05-02 Mon 19:00
どうも~。熱は下がったけどまだ咳が続いてる音虎です。

いやーホントに改名するとは思わなかったよ。

スーパーフリーダムガンダム→ストライクフリーダムガンダム
ナイトジャスティスガンダム→インフィニットジャスティスガンダム

一応、スー○リ危機を回避した模様。

にしても。
長過ぎない?コレ。
しかも「ストライクフリーダム」て。
適当過ぎない?
じゃあジャスティスの方は「イージスジャスティス」かと思えば違うし。
(まぁ、語感悪過ぎだけど。)
「無限」て。どっから出て来たんでしょうか。

てゆーか、別に「ナイトジャスティス」は変えなくてよかったんじゃないかなぁ。
「無限正義」ってワケ分かんないもん。
(「打撃自由」も意味分かんないけど。)

って思いながら他所様のブログ見てたら、
「インフィニットジャスティス」も実はヤバいらしいです。
何でヤバいのか、全く分かんないんですけどね、私は。(←アホ)
やっぱりついでに改名しない方がよかったんだね…。
もー笑っとくしかないね、うん。
あははは…。
別窓 | SEED関連 | コメント:0 | トラックバック:1
PHASE28「残る命散る命」
2005-05-01 Sun 14:48
どうも~。風邪ひいてテンションが不安定な音虎です。

シンがひたすら暴走する今回。正直コワいです。
こんなコにデスティニーなんか与えちゃっていいんでしょうか。(怖)
あ、それこそが議長の狙いか。

それでは、レビュー行きますよ~
…と行きたいところですが、ここで皆さんに非常に残念なお知らせがあります。
え~、やんちゃな雰囲気と、容赦ない毒吐き、そして可愛らしい寝顔で、
全国のお姉様方を虜にした、アウル・ニーダさんが戦死されました。
今日の夕方頃、敵軍であるザフト軍所属のシン・アスカさんの駆る、
ブラストインパルスと交戦中、そのビームジャベリンに貫かれ、
搭乗していたアビスと共に爆散したと見られています。

…まぁ、なんとな~くイヤな予感はしてたんだけどね。
だって始めからガンガン喋るんだもん。

「今日は緑かぁ?!」

「いい加減見飽きてんだよ!その顔!」


あと、死なないと分かってても、レイとルナにもヒヤッとしました。
まぁ、これでルナは乗り換えする口実が出来たわけだけど。

物量面で明らかに不利なミネルバ。
本艦がヤバいってのに、インパルス、セイバーはそれぞれカオス、アビスとちんたら交戦中。
残るは飛べない白ザクと当たらない赤ザク。
…ぜんっぜんダメじゃん。
見るからに半分死にかけてるミネルバ。
案の定、あっさりムラサメがブリッジに銃口を向ける。
もう駄目だ、とクルー全員がそう思った瞬間!(あれ?これってもしかして…)
一条の光がそのビームライフルを貫き、自由の名を冠する剣が天から舞い降りる。(やっぱり/苦笑)

続いてカガリの駆るストライクルージュが現れ、再び停戦をオーブ軍に呼びかける。
だからいつからエールは飛べるようになったんですか?

すると「またあんた達かぁ!」と種割れしたシンがそれに向かってミサイル発射。
いきなりかい。しかもミサイルて。
相手はフェイズシフト装甲だぞ?殺る気有るんだか無いんだか

もちろん、それがルージュに打ち込まれるのを黙って見ているハズもなく、
キラはただちにミサイルを撃ち落とし、インパルスに襲いかかる。
てゆーか頭部のバルカン砲でした。迎撃に使ったの。
コレ前に使ったことあったっけ?

キラ「こんなへろへろミサイルにプラズマビーム砲使うの、勿体無いもんね。(ニッコリ)」

迫るフリーダムの刃を交わすシン。
種割れパワーはダテじゃありません。
が、やはりキラには敵わないと判断したのか、キラを止めに向かうアスラン。
…おい、シンは仮にも自分の恋人を撃とうとしたんだよ?
反応するのはそこじゃないでしょ。
むしろ、キラより先にカガリを助けるぐらいの勢いでいかないと。

危ないって言ってるのに、戦いを止めようと飛び出していくカガリを守って、
暴走するストライク似のMSを止めなきゃいけないのに、
影のようにしつこくつきまとってくるアスラン。
ウンザリしたキラが適当にあしらっていると

「オーブへ戻れとあれほど言ったのに!」

とまた言って来るアスラン。
だいたい、アスランって過去のことばっかり言うんだよね。
「君のすべきことはそんなことじゃなかった」とか。
「ああすればよかった」、「こうするべきだったのに」。
過去のことしか他人に対して堂々と言えないのは、
きっと現在、そして未来の自分に自信が無いから。

流石に温厚なキラも、すこーしオツムに来たのか、
割り込んで来たカオスをメッタ斬り

キラ「ゴメンね、八つ当たりしちゃって。(ニッコリ)
   でも元はと言えば、そっちが悪いんだよ?

哀れスティングは海へ落下。まぁ、命があっただけよかったよ。うん。

シンは一方で換装やらデュートリオンビームやらでイキイキしてるけど、
レイは左腕をやられ、ルナはマジでやられて気絶。
ムラサメに特攻されて、ミネルバもほぼ壊滅状態。

肝心のアスランはと言うと、まだキラとゆるーく交戦中。

「お前の力は戦場をただ混乱させるだけだ!」

「撃ちたくないと言いながら、なんだお前は!」

とキラ達の行動を批判。
言ってることは正しい。
ただ、今はそんなこと言ってる場合じゃないだろう、という話です。

「カガリは戦いを今止めさせたくて、泣いている」

何故君はその気持ちを汲み取ってやれない?

君だって、戦争なんて馬鹿なことを止めさせたかったんじゃないの?

なのに何故今は、連合やオーブと戦っているの?

何故君が僕達の邪魔をするの?

今回、キラ達の介入で両陣営がそんなに混乱しているとは思えない。
なら、キラ達の邪魔をするより他にする事があるのではないのか?

遂にキラは言い放つ。

「なら、僕が君を撃つ!」

その言葉の直後にはセイバーはバラバラにされ、海へと落下していく。
圧倒的な速さと強さに呆然とするアスラン。

アスラン「クッ、せめて自爆だけでもさせてくれたっていいじゃないか!」

キラ「次はもうちょっと手応えがあるといいなぁ、じゃあまたね、アスラン。」

その人の持つ意志が正しいか否かに関わらず、
その強さがそのままその人の強さになる。
今のアスランは迷っている。
キラの「撃ちたくない、撃たせないで」と、
ハイネの「割り切れよ、じゃないと、死ぬぞ」の言葉。
戦うべきか否か。
撃つべきか否か。
何と戦えばいいのか。
何を撃てばいいのか。
アスラン、早く自力で答えを見つけないと、下手したら死ぬよ?マジで。

ソードシルエットに換装したシンは、オーブ艦に次々と取り付き、破壊していく。
それを助けに向かうカガリに向けられる銃口。
「カガリさまどうかお下がり…」
カガリを助けようとして犠牲になるムラサメ。
責任を全て背負い、艦にただ一人残るトダカ一佐。

「同じ志を持つ者を集めて、アークエンジェルへ行け!」

と言い残して。

トダカの残るブリッジに迫るインパルス。

かつて家族を失い、力を欲した少年と、
彼が力を得るきっかけを作った男。

その少年は今、得た力で男を殺そうとしている。

切り裂かれるブリッジ。

争いは、悲しみと憎しみ以外、何も生み出しはしない。

さぁ、次回は議長メインで回想がいっぱい。
見所が有るんだか無いんだか
でもまぁ一応、乞うご期待。
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。