かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
キラとシンの考察
2005-03-27 Sun 15:42
キラとシンの対比、というのは、
二人のファンとしてしたくなかったんですが、致し方ありますまい。

1.何故シンが目立たず、キラが主人公してるのか
まずはこれについて。

・台詞量の問題か
まず、出演回数から言うと、シンはほぼ全回に渡って出てます。
出てないと問題ですが。(苦笑)
それに対してキラは、そんなに回数は無いんです。意外と。
まだシン有利かと思われます。

次に台詞量はどうか。
シンの台詞量は圧倒的に少ないです。主人公にしては。
ですが、キラも種デスではそんなに喋ってません。
まだシン有利。
意外にもシンの弱点、台詞量は対キラに関しては問題ありません。
では何故?

・演出に問題あり
だと思うんですね。
まず単純に、台詞が少ない理由が、
シンは彼自身が画面に映らないからで、
キラは無駄に喋んないから。
つまり、キラの方が存在感があって、一つ一つの言葉に重みがあるんです。

そして、キャラの見所、つまり目立つ為の「武器」ですが、
シンはなんといっても将来の可能性。
どう成長していくか、です。
まぁ、裏返せば今は未熟だ、ということですが。
しかし、今までに「成長」のキッカケとなる出来事があったかと言うと、
ステラとの出逢いぐらい。
むしろ「オーブなんか嫌いだ」という言動や、マユのケータイいじり、
といった後ろ向きな姿勢がいつまでも目立ちます。
つまり「武器」が十分に生かせていないのです。

それに対してキラの「武器」は、強さ。
守るべきものがあり、それを守れる強さです。
キラは剣を再び手に取り、
ラクスを始め、マルキオファミリー(笑)を敵MSから守りました。
そして今、世界を守ろうと戦いを止めようとしています。
つまり存分に「武器」を使えてるんです。

つまり、存在感の有無と、見せ場の有無。
この演出上の二つの原因が考えられます。
これが「製作側はシンを目立たせる気が無い」と言われるゆえんです。

・戦い方の違い
もあります。
シンだってミネルバや民間人を守ってますが、
敵にはちょっと残虐です。
それが戦争、と言えばそうなんですが。
対してキラは多数のMSを敵に回してまで、中立の姿勢と不殺戦法をとってます。
単純に、多数の敵を殺さずに戦力だけを奪うというのは凄いです。
加えて、この頃の子供向けヒーローモノの風潮に、
「たとえ敵でも生きてるんだから、殺しちゃダメ」
というものがあります。
これはいわゆる道徳教育の賜物なんですが、
キラは世間を味方に付けてるんです。

ちょっとこれではシンに勝ち目ありませんね。

2.ではどうすれば?
つまり製作側の中途半端なやり方が問題なんです。
シンを主人公にするつもりがあるんだったら、
見所、つまりステラやカガリともっと絡ませて成長の機会を増やすことです。
アスランはと言うと、もうあの人から得るものはないでしょう。
むしろアスラン本人が悩んでるし。
あと、単に台詞を増やしても、一つ一つの重みが減ります。
やはり、シンには可哀想ですが、もっとどんどん辛い目にあってもらいたいです。

そしてキラですが、下手に目立たないようにしようとして、
何考えてるか今一つ分からないのに、出て来る台詞は偉そうなことばかり。
たまに出番が来ると、全部イイトコ持ってっちゃう。
しかも戦闘中は圧倒的な強さと台詞の少なさのせいでなんかコワい。
なんてことになってます。
何故かと言うと、前作と違ってキラの内面の描写が少ないからです。
ここは堂々と「キラは準主役」とし、もっと内面の描写をするべきです。
そうすればキラなりの苦悩とかもあるでしょうし、
こう考えた結果キラはこう行動したんだな、と視聴者も納得がいきます。
そうすりゃキラが活躍しても文句は出ないのでは?
…とゆーわけでもない?
スポンサーサイト
別窓 | SEED関連考察 | コメント:4 | トラックバック:3
PHASE23「戦火の蔭」
2005-03-27 Sun 01:51
どうも。
ミネルバクルーの物凄い目立ちっぷりにとても不安な音虎です。
今回も作画ミス無いかなー…って探してたら、
キラの種割れシーン、種が緑色でした。(爆)

ルージュで再び戦場に立ち、オーブ軍に戦闘停止を訴えるカガリ。

テンパるユウナはそれを偽物だ、じゃなけゃ操られてるんだ、と主張。
…トダカ一佐、もーソイツ殺っちゃって下さい。
かまいやしません。多分視聴者の殆どは喜びます

戦いを止められなかっただけでもショックなのに、
自国の民、オーブ兵士を殺してしまうカガリ。
まぁ、バルトフェルドも殺してるけどね。
「俺はキラ程上手くないんだ!」って。
「アンディ、脅しになってないわ。」by アイシャ

FAITHのハズなのにあっけなく散るハイネ。
本当にご苦労様でした、西川さん。
今回は比較的、叫ぶのが多いミゲルタイプだったので、
西川さんの言う通り楽だったとは思いますが。
敵MSを堕とすことより、グフの豊富な武装を頑張って披露するハイネ。
…そんなことやってるからキラとステラの連携攻撃喰らうんだよ。
アスランの眼に映るハイネの幻影。
「ハイネーっ!死んだお前の為にも、
 必ず究極の育毛剤を完成させるからなぁーッ!」by アスラン


連合三人組はと言うと、
グフを撃墜するも、フリーダムキックを喰らうステラ。
水中からミネルバへ向かって張り切るものの、
バーニアをフリーダムのレールガンで破壊されるアウル。
ってか全然何もやってないスティング。
えーっと、これだけ…か。…次。

元祖ミネルバ三人組はと言うと、
水を思いっ切り被って嫌そうな顔をするレイ。
デブリ戦と射撃が苦手で、ラブコメが得意だと判明したルナ様は、
…えーっと…見た限りでは…撃墜数…1
そしてフリーダムに勇敢に立ち向かい、見事に右腕をぶった斬られるシン。
それだけ。もう慣れたけどね、出番がロクに無い主人公。(苦笑)
はい、次。

思いがけない所でキラに遭遇してテンパるアスラン
コイツも殆ど何もしてません。
しかも「キラぁ!キラぁ!」って通信使っても、目の前に行っても、
お目当てのキラには無視されてるし。
ちょっと可哀想なアスランでした。

そしてやっぱり今週の主役、キラ&フリーダム。
今回コイツにやられたモノの集計をしてみましょう。

タンホイザー×1
ウィンダムとムラサメの頭、腕、ビームライフル×いっぱい
ミサイル×いっぱい
アビスのバーニア×2
グフの腕×1
ガイアのアゴ×1
インパルスの腕×1

この位か。まぁ…凄いね、うん。
でも、今回見てて思ったんだけど、
キラってこんな感じだったっけ?
なんかコワい。
なんでだろ。
とゆーわけで、キラとシンの考察へ続く。
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
PHASE22「蒼天の剣」
2005-03-24 Thu 13:12
はい、タイトルからしてキラ全開な今回は、
PHASE21になってたことなんか吹っ飛ばす勢いで、
ラストにキラ&フリーダムが登場。
ヤバい、次回見逃したらどうしよう。死んじゃうかも。(笑)
とにかく次回に大期待。
なので、今回はどこかやる気なさげにお送りします。>おい

ジブリールとユウナが久し振りの登場。
悪役なんか正直どうでもいいんだけど、>酷
船酔いユウナは笑えました。
あとネオに持ち上げられて正面から突っ込む役を引き受けたり、
自分で作戦にキザな名前付けたり、
怒っていきなり全機発進させるところも笑えました。
…ユウナ結構キャラ的にいいかも。

あっさりシンのコトを忘れてしまうステラ。
記憶はあった方が幸せなのか、なかった方が幸せなのか。
ネオが記憶の話をどこか寂しげにする、というのが、
ネオ=ムウ説肯定派としてはすっごく気になるところ。

人と人の関係を繋ぎとめるのが記憶。
でも、記憶をなくしたからといって、
その人との関係が終わるわけじゃない。
もう一方の相手が覚えている限り。

今回もセリフの多かったハイネ。
西川さん、本当にお疲れ様です。
アスランとミネルバ三人組の間の雰囲気をやわらかくし、
アスランに迷うな、と忠告するハイネ。
なにげにいい仕事してるんだけど、
どーもアスランをミネルバから離れづらくしよう
という議長の意図があるように見えるんだけど。
気のせい?

あ、あとハイネとアスランはあんまり風のキツい場所に行かない方が…。
え?何で?そりゃあ生えぎ…(強制終了)

大気圏内で陽電子砲を撃つのに、もはや何の抵抗もないタリア。
一応知らない人の為になぜ撃ってはいけないかは次の通り。

陽電子は、その対局の性質を持つ空気中の電子と衝突し、反応する。
その陽電子は全てエネルギーに変わってしまい、γ線となる。
また、陽電子ビームは地球の磁場の影響で軌道が曲がってしまう。
つまり、陽電子ビームを撃つ際、
敵にたどり着くまでに膨大なエネルギーが必要なうえに、
そのエネルギーは全てγ線になって周囲を汚染。
しかも直進しないので当てにくい。


そんなビームを平気で撃とうとしているミネルバ。
おいおい、ミリアリア被爆しまくりじゃん、なんて思ってたら、
一条の光がタンホイザーを貫く。
シン「何だ?!どこから?!」
キラ「フッ。僕が来たからには、もう誰にも主人公ヅラさせないよ!」

と、ゆーわけで次回からは
「SEED DESTINY キラ・ヤマトを全力で応援するレビュー!」でお送りします。(嘘)
PHASE22「蒼天の剣」の続きを読む
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
アスラン's日記 PHASE21「さまよう眸」
2005-03-20 Sun 13:56
○月×日

今日、朝起きると俺のベッドにミーアが寝ていた。
あれには本当に驚いた。
「何故だ?どうしてここにミーアが?」と、
寝起きのせいもあって混乱していると、
今度は俺に呼びかけるルナマリアの声がドアの外から聞こえてきた。
もう何がなんだか分からない。
ミーアが何故ここにいるのかが問題だが、
それよりもまずこの状態を見られるわけにはいかない、
と焦って着替えていると、
よりにもよってミーアがドアを開け、ルナマリアを追い返してしまった。
泣きそうになるのをこらえながら「何故こんなことを」と聞くと、
ミーアは「久し振りに会った婚約者なら当然だ」と答えた。
俺は思わず、
「ベッドをダブルにしたのは、お前を寝かせる為じゃなくて、
 俺がベッドから落ちない為だ!」
と言いたかったが、それをこらえて
「ラクスはこんなことはしない」とだけ言い返した。

そうだ。ラクスはこんなことはしなかった。
久し振りに会う時はいつも、俺がプレゼントを持って行って、少し喋る。
それだけだった。
ニコルには「それだけですか?!」と驚かれはしたが。

ミーアに「ラクスとは違う」と言うのは少し気の毒な気もしたが、仕方がない。
皆が見ていない時までラクスになりきらなくてもいいのに、
彼女は一体何を考えているのだろうか?

ミーアと渋々下の階に降りていくと、
昨日案内してくれたFAITHのハイネさんがいた。
結構気さくな感じの人だった。
同じ悩みを抱えてそうな気がする。
今度、育毛剤は何を使ってるか聞いてみようと思う。

ミーアが去ってもまだルナマリアの機嫌が悪いので、
話を聞いてみると、やはり勘違いをしていた。
それにしても、ルナマリアが何故あんなに怒っていたかが分からない。
確かに上官のあるべき姿でなかったことは否めないが、
表向きには「ラクス」はまだ俺の婚約者であることになっているようで、
ルナマリアも例外ではないハズだ。

やっぱり俺には、女の子が何を考えているか分からない。
今度アークエンジェルに合流出来たら、キラに聞いてみようと思う。
また笑われるのが関の山かもしれないが。

そういえば、夕方頃にシンからエマージェンシーの信号があって、
その迎えにいく羽目になってしまった。
本当に世話の焼ける奴だ。
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:2 | トラックバック:0
PHASE21「さまよう眸」
2005-03-14 Mon 11:17
今回も、「種デス・早春のアスラン祭り」でした。
表向きには「シン×ステ祭り」なんでしょうが、かまいやしません!このアスランのへタレっぷりに突っ込まなくて何に突っ込めというのでしょうか!?


ふと見ると、自分のベッドにミーアがいて焦るアスラン。
アスラン、一体どうした?お前、仮にもFAITHだろ?
ミーアだからラブコメで済んだけど、寝込み襲われたらどーすんだよ?
まぁ、ある意味襲われてるんだけど。

朝起きたらキレイなお花畑に立っていた。
!?しまった!殺られたぁ!

これじゃ視聴者は笑うに笑えない。いや、殺されたアスランはホントに笑えないけど。
そう言えば、カガリと無人島で外泊した時も、
寝てる所襲われて拳銃奪われてたっけ。カガリに。
ラクスと違ってアスラン暗殺は意外と簡単だと判明。
寝込みを襲うだけです!

今回はハイネのセリフ量が半端じゃなかった。
西川さん、お疲れ様でした。
それにしても、ハイネは何の為にミネルバに配備されたんだろ?
タリアの言うとおり、ただの補充兵とは考え難いし。
なんか「意外と仲いいんだな」って、ミーアの正体知ってそうだし。
まぁ今後の活躍に期待。

火曜サスペンス劇場の犯人が白状しそうな崖からステラが転落。
教訓:崖で踊るな。クルクル回るなんてもってのほか。

「俺が守るから」とステラに言い聞かせるシン。
やっぱり、自分のようにかわいそうな目に遭ってる人には、やさしいんだな、と思ったけど、
本当の「守る」という言葉の意味を解って言ってるのかな、とも思った。
これからもシンはステラ達と戦っていくだろうし、シンのそこら辺の成長に期待。
あと、ステラはあっけなく記憶消されるだろうし、
次会った時にシンがどう行動するのかにも期待。
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
PHASE20「PAST」
2005-03-05 Sat 20:21
どうも。今回はちゃんと見れる、と喜んでいたら、
またもや総集編でゲンナリした音虎です。

今回はSEEDの分まで総集。(笑)
語りはシンだけど、主人公はキラ。(笑)
いや、シンを応援してる側としては笑ってられないんだけど。
シンの回想という形なんだから、普通シン中心だろ?
なのに何で、キラとかアスランとかカガリとかミゲルとかイザークとかマリューとかムウとかクルーゼとかがわらわら出てくるんだよ。
しかもさり気なくトダカ一佐出過ぎ
一方シンときたら、最後のバーサーク状態以外はずっとマユ中毒患者

ってか今気付いたんだけど、マユがカワイく描かれ過ぎ。有り得ないくらい。
数多くいる女性キャラの中で、
主人公の妹がトップクラスでカワイイってどういうことだよ。
今のところシンはマユ以外 out of 眼中だし。
それじゃルナ様とかステラの立つ瀬ないでしょ!ムウじゃないけど。
ま、人の記憶って時間がたてばたつほどに美化されていくらしいし、
ホントはそんなにカワイクなかったりして、マユ。(笑)
それにルナ様とかは、
「あんなガキっぽいヤツなんか、こっちから願い下げ」だろーけどね。

今回の数十倍次回の方が重要
遂にシンとステラがリアルでご対面。前に一回してるけど。
ってか、シンってばバイク乗れたんだ?
しかもなんか、アスランとカガリみたいにキャンプファイヤー。>違
シン×ステ派の人は乞うご期待。

遂にデスティニーガンダムがCMに。
今回はそんなにイタくなくて良かった
ってかもう乗り換えか。
でもまだ使ってないインパルスの機能があるんですが。
フォールディングレイザーは前やっと使ったけど、
ブラスト装備のビームジャベリン、まだ使ってないよ。
せめてそれ使ってから壊れなよ。>酷
別窓 | SEED DESTINY のレビュー | コメント:0 | トラックバック:2
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。