かつて、ある赤い眼をした人を応援していたブログ。 どうやら最近は両眼が常時赤くなってしまった人を応援しているブログ。 節操無いのでタイトルを当たり障り無いモノに変えてみました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
STAGE24「崩落 の ステージ」
2007-08-11 Sat 03:12
どうも、せっせとギアスのレビューを何話分か進めていたら、データが綺麗サッパリ飛んで、
「お~め~で~と~!」
な音虎です。お久しゅうございます。
観ましたよ、コードギアススペシャル。
あのね、何てゆーか…ウソでしょう?(泣)
あぁもうこれ以上言えない(泣)

はい、24話の簡易レビュー始めまーす。

ってか…OPの出来に落胆したんですけど。何アレ。これじゃ、YoutubeとかニコニコにupされてるMADと大差無い、ってよりは敗けてるし。
折角曲を変えたんだから、もうちょい気合い入れて作って欲しかったなぁ。
DVDのジャケットの絵を使って販促しようってカンジでしょうか。

東京租界の、日本に多発する地震対策としてパージ出来る様にしてある基盤が、租界外縁部に陣を張ったコーネリアの軍もろとも崩壊する。
ルルーシュの通信による声明「我が軍門に下れ!」のくだりによりオペレーター(?)達の一部が暴走した結果。
とにかくルルはナイトメアを足元から崩すのが大好きのようで(笑)
シンジュクといい、ナリタといい…。
見た瞬間、ギアスが更に強力になって、人により効く効かないの差はあれど、声だけで命令を遵守させるコトが可能になったのかなぁ、と思ったんだけど。
よく考えたらあの声明から基盤をパージさせる行動には繋がらないよな、普通。
ってコトは予め別の時間、場所でギアスをかけて、声明をトリガーにした、ってコトだよね。
でもそれだといつそんな暇が?…まぁ学校行ってなきゃ暇ぐらいあるか(笑)

その頃、とある研究室では。
勝手に目覚めて「おはようございました」と挨拶も済ませたオレンジ君は引き続き暴走中。

「理解は幸せ」

は?

「私を実験体にして再現しようとしましたですね…この病を」

どうやらC.CはCODE-Rとして研究されていたらしく、オレンジ曰く活動電位とニューロなんちゃらが異常なんだとか。
でも、

「CODE-Rは病人ではない!」

ごもっともな意見ありがと、バトレー将軍。
でも産まれたてホヤホヤのオレンジ君は反抗期らしく、

「言い訳無駄!あなたを本国送りにした恨み、こんな形で頂きました!」

待てマテ。頂かんでいい。晴らされたり返されたりするモノだ、恨みは。
…取り敢えずオレンジの支離滅裂な日本語はさて置いて。
どーやらバトレー将軍は研究により、ジェレミアという人間をC.Cと同じようにしようとしたらしい。
まぁ結果は失敗だけど(苦笑)
ま、取り敢えずは相変わらずゼロに過剰反応するオレンジに安心したけどね(笑)

さて、地上の部隊は墜とし、空の部隊はハドロン砲でやりたい放題のルルーシュ。
あとは…そう、勿論「ヤツ」白カブト。
携帯越しに宣戦布告を受けたワケだしね。
ラクシャータを移動させたりと、なにやら計画があるよう。

また、ルルは学園に指令部を置くと言い出し、学園を占拠、そして生徒会メンバーの前に登場。
ナナリーをこの戦闘が終わるまで黒の騎士団に守らせよう、という考え。
しかし学園には二つの不安要素が。
一つは過去の自分の日記により、自分が記憶を喪失しているコトと、ゼロの正体の二つを知っていると思われるシャーリー。
実際シャーリーは、正体を明かしたカレンと、そしてゼロに向かって、二人で私に何かしたんだろう、と詰め寄っている。
何か、とは恐らく記憶操作の類。二人で、というのは誤解にしても、ギアスに近い所は突いている。
もう一つは核をガニメデに搭載していると思われるニーナ。
半狂乱のニーナはもはや何をしでかすか分からない。
また、黒の騎士団にも不安要素が存在する。
記憶を取り戻し、ギアスの効果について見当がついたヴィレッタは、必ず扇に接触、学園に潜入の二つの手段でルルーシュ・ランペルージに接触を図るハズ。
ルルーシュは知らぬうちに自身を危険に晒している。
ま、それよりも明らかに「カッコつけさせてよ」と銃口を前にしたリヴァルの方が危なかったけどね。
谷口は殺すかもしれんと本気で心配した(苦笑)
あと、カレンが正体を明かした時のミレイの「そっか、そういうコトか」で思ったんだけど、多分気付いたよね、ゼロの正体。
ルルーシュの過去を知ってるし、何より勘がいいからね、ミレイ姉さんは(笑)
それに気付きながらも何も言わないのは優しさなんだろうな、過去を知る者としての。

さて、表向きは着実に駒を進めていくルルーシュに対し、遂にスザクが動く。

「ダメだよぉ~ん♪」

といつも通りのロイドは出撃を許さないが、スザクはもはや「いつも」とは違う。
ロイドをこれでもかと殴り飛ばし、起動キーを強奪。
どう見ても弱い者イジメなんだけど…。あ、でもセシルさんもやってるか、じゃあいいや(オイ)
今までは罪を滅ぼし許されたいが為に行った偽善。
いわば自分の為。
が、今は違う。
ギアスという卑劣な手段で罪を擦り付けられ、一方的に命を奪われたユフィを救う為に。

「トウキョウにはゼロがいるんだ!俺は俺の手でゼロを倒す!邪魔はさせない…!俺がやるんだ!」

他人を救う為に、他人に復讐する。その為には命を奪うことすら厭わない。
雑魚に用は無いと言わんばかりに黒の騎士団のナイトメア群を瞬殺していく。
あんなにヴァリスの出力を絞って優しさたっぷりに撃破した雷光を、脚をスラッシュ→エクスプロージョン。
哀れ黒の騎士団創設メンバーのなんとかさん爆散。ごめん誰だっけ(オイ)
いや~どっかの誰かさんみたいに不殺戦法じゃないから速い強い激しい!んで顔が恐い!(笑)

雑魚ではランスロットの相手にならないのでカレン登場。

「皆馬鹿だ!君も日本人も、あんな男に騙されて!」
「その言い方ムカつくね!アンタにゼロの何が分かるって言うんだ!」

飛行可能なランスロット相手に怯む事なく、ビルに幅射波動を当て、飛び、見事ランスロットの左腕を捕らえる紅蓮弐式。
だが、本体に到達する前にパージされ、逆にその隙に要の右腕を破壊される。
またもスザクの勝利。
もう人を殺めることに躊躇しないスザクだが、せめてとクラスメイトに言い残すことは、と訊く。

「しつこい男は嫌いだね」
「そうか…じゃあ…」
「待て!」

ガウェイン登場。
スザクに対する執着から来る甘さがいけなかったとし、一騎打ちを申し込むルルーシュ。
が、そこはやはりハッタリ。
生徒会メンバーを人質にしたと見せかけ、怒りに任せ懐に飛込もうとしたランスロットにチェックをかける。
ゲフィオンディスターバー。
アッシュフォード家の隠密咲世子さん(笑)のポチッとな、により起動され、ランスロットは機能停止。
えっと…学園侵入への手引きはいいとして…スイッチは別に咲世子さんじゃなくてルルーシュが持っていればよかったのでは…?(汗)
とにかく今まで策をブチ壊してくれた憎き仇敵ランスロットの無力化に成功。

「ゼロ!お前は最後まで人を騙して…裏切って!」
「フン、偽善なる遊びに付き合う暇は無い…。さらばだ、枢木スザク。」

歯噛みするスザクを置いて飛び去るガウェイン。
ルルーシュはこれで遂に親友への甘さを断ち切った…つもりらしい。
が、ナイトメアはともかく、その騎乗者にトドメを刺さないのは甘さ以外の何だというのだろう?
因みに扇は、学園に忍び込んで捕まったヴィレッタを自分の部屋に招き入れてあっさり腹を撃たれて倒れてたり。
扇のお人好しというか、不注意のせいではあるけれど。
結婚を指して「気持ちの悪いコトを言うな」と言われてしまった彼が可哀想過ぎて泣ける(泣)
ま、女はコワいってコトだよね、結論として(オイ)

学園から飛び去ったルルーシュは、コーネリアから意図的に流された情報にあった、航空兵の援軍をツインバスターライフル(だって『ゼロ』だし/オイ)で壊滅させ、政庁の屋上に降り立つ。
その眺めに、似ている、とルルーシュは呟く。
それに、アリエスの離宮に、と応じるC.C。
やはりマリアンヌと関係があると分かるが、まだルルーシュには関係を話さない。
種明かしは第二期をお楽しみってか(苦笑)
C.Cに煙に巻かれたルルーシュの前に、コーネリアが現れる。

「さぁ、歓迎の宴だ…舞踏会はお好きかな?」

ニーナ同様ユーフェミアの仇に燃えるコーネリアのグロースターに、ルルーシュのガウェインはスペックでは圧倒しているハズが、攻撃は届かず、一方的に当てられる。
そしてコクピットに至近距離で銃口を突き付けられ、やられるかと思われた瞬間…
コーネリアのグロースターのコクピットを何者かの槍が貫いた。

「姫様…ダールトンです」
「フッ、間に合ったか」

何が起こったか把握出来ないコーネリアは、ただ唖然とし、落下していく。
身を貫く痛みより、理解できない事態に対する驚きの方が大きかったに違いない。
やはりダールトンにコーネリアを差し出すようにギアスをかけてたな。もうちょっと捻りがあれば面白かったんだけど、まぁそれしか無いか。
正気に戻るダールトンだが、敬愛する姫に懺悔する間も無く、敵将の「ありがとう」の言葉と共に炎に飲まれる…。

そして…アッシュフォード学園。
黒の騎士団に包囲されたスザクを救い出す為に生徒会メンバーが出て行き、ナナリーだけが残された生徒会室。
そこに一人、来訪者が現れる。
V.V。

「もしかして…C.Cさん?」
「ううん、違うよ」
「え?でも…」
「ナナリー、君を迎えに来たんだ」

さぁ次回はファーストシーズンファイナルステージ!
「ゼロぉぉぉ!」と発狂するオレンジの活躍は?
「哀しいじゃないですか…人が殺しあうのは…」と言う腹黒兄上(勝手に腹黒設定)の本意は?
そしてコーネリアとルルーシュの対面は?コーネリアの答えは?
スザクは?
ナナリーは?
待て次回!
スポンサーサイト
別窓 | コードギアスのレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
STAGE23「せめて哀しみとともに」
2007-04-01 Sun 01:36
あれ?このブログって放置されてたんじゃ?
…そうです…完ッ全にポイッてしたまま月日が経ってました。すみません。
日記はmixiに書いてるし、レビュー書こうにも都会な地域との、どうともし難い放映遅れ、放映地域漏れ等のギャップがあるし…。
種レビューはテンション続かなかったし…。

でもいいんです、今回は帰省してみたものの暇過ぎたから、コードギアスの暫定最終話を一発目にレビューする、みたいな暴挙に出ちゃいますから。
昨日父親のレコーダー借りてDVDに落としておいたんですよ。
さぁてファイナライズ~。
ファイナライズ~。
早く終われファイナライズ~。
…ファイナライズ?
なかなか終わらないなファイナライズ。
ん?ファイナライズ失敗?
じゃあもう一回めげずにファイナライズ。
ん?このディスクはファイナライズ出来ません?
もう中途半端にファイナライズしちゃったとか?
じゃあ一旦ファイナライズ解除して…。
ん?このディスクはファイナライズ解除出来ません?
い、意味が分からん。(汗)
そだ、ファイナライズしてなくてもレコーディングした本機では再生出来るよな。それ再生っと。
ん?データがありません?
おいおい、あんまりおじさんをからかっちゃぁいけないよ?(誰)
ファイナライズしようとする前はちゃぁんとデータがあったんだから。
「データがありません」

誰 か 嘘 だ と 言 っ て ち ょ

ってワケでヤル気満々でする気だったコードギアス反逆のルルーシュ第23話「せめて哀しみとともに」。
録画の時点で、いや、ファイナライズの時点で夢潰えました。

HDDに残しとくんだったぜちくしょう…。
レコーダーが憎くて仕方がないぜこのやろう…。
今すぐヴァリスで撃ち抜くかハドロン砲で蒸発させたい…。

まぁ近くレビューは書きます。とある手段で観ることは観られましたので。
別窓 | コードギアスのレビュー | コメント:2 | トラックバック:0
反逆したいお年頃
2006-11-08 Wed 07:15
全然更新しない私を…
全力で見逃せ!>えー
別窓 | コードギアスのレビュー | コメント:1 | トラックバック:0
| 緋色の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。